ペンデュミオンの螺旋

”君の為に吐いた嘘がまわる”

スポンサードリンク

【キモい〇〇】人気女性声優アーティスト、上坂すみれと歩く

f:id:go_kuma:20190107215504p:plain

理性の罠にはまるな

君はヤバい〇〇なのであーる!

 一昨日は、寝る前に散々な目に遭ったが、その埋め合わせなのか何なのか、翌朝、目覚める前に見た夢は、なかなか良いものだった。キモいおっさんの夢と笑ってくれて構わんよ。

 その夢というのが、つまり、あの上坂すみれ、である。

 おっさん世代に人気が高いと言われる女性声優アーティスト、である。

 あのタモリさんに気に入られたと言われる上坂すみれ、である。

 昨年末のFNS歌謡祭でド緊張していた上坂すみれ、である。

 その上坂すみれが、私の隣を一緒に歩いていたのだ。しかも、そこそこの密着度で、である。

 彼女の身長は知らないけれど、だいたい私より頭半分くらい低かった。

 場所は、なぜか私が小学生の頃に毎日歩いていた通学路だ。

 初めは、肩が触れ合うかどうかという距離だった。お互いにそこはかとなく照れながら、それでもつかず離れず、ゆっくりとしたペースで歩いていた。

 そこへ、向こうから子どもの集団がやってきた。小学生だ。しかも、私が小学生の頃に、一緒に通学していた面々である。

 ヤバい。あの上坂すみれと歩いているところを見られたら、学校で言いふらされるに違いない。私はおっさんなのに、そんな考えが頭をよぎった。

 それで、少し距離を置こうと離れたら、なんとあの上坂すみれが距離を詰めてきた。そして、肩が触れ合った。おっふ。

 私は意を決し、あの上坂すみれの肩に手をまわした。もちろん本物はどうか知らないけれど、華奢な肩だった。もう子どもたちのことは目に入らない。得も言われぬ幸福感に満たされながら、何ひとつ言葉を交わさないまま、私たちは歩いた。

 しかし実のところ、私は夢の中で一度も、あの上坂すみれの顔を見ていない。視界の隅に、肩にかかる髪や、パステル調の服装は見えていたが、はっきりと顔を見たわけではないのだ。

 だから、彼女が本当にあの上坂すみれだったのかどうか、定かではない。ただ私はハナっから、あの上坂すみれだと思って疑わなかった。

 けれど、もしかしたら、あれは嫁さんだったのかもしれない、などと、まだいびきをかいて寝ている嫁さんの寝顔を見ながら思った早朝5時30分。

 いーや、彼女はきっと、あの上坂すみれだったに違いない。と、トイレで用を足しながら自分に言い聞かせた5時35分。

 以上、本日はこれにてお粗末。

A:踊れ! きゅーきょく哲学/B:ヤバい○○ [Analog]

A:踊れ! きゅーきょく哲学/B:ヤバい○○ [Analog]

 
恋する図形(cubic futurismo) c/w  をつければかわいかろう [Analog]

恋する図形(cubic futurismo) c/w をつければかわいかろう [Analog]