ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

ポップコーンメーカーを導入してキャラメルポップコーン作りに失敗しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

 我が息子はポップコーンがそこそこ好きなのですが、まだ「ポップコーン」と正確に発音できず、「ポックポーン」と言います。今年の夏、生まれて初めての映画を観に連れて行ったときにポップコーンを買ったら、それ以来ちょっとハマり気味のようです。その微妙なハマり具合を見た嫁さんが、ポップコーンメーカーを買ってきました。

f:id:go_kuma:20141120222514j:plain

 見た目は簡単な造りで、ドラムに入れたコーンを電気で熱しながら回転するという仕組み。本体、カバー、蓋(兼計量カップ)これだけのセットです。

f:id:go_kuma:20141120222524j:plain

 カバーを装着するとこんな感じ。

f:id:go_kuma:20141120222627j:plain

 これがないと、はじけたコーンが飛び散りまくって大変なことに。それはそれで楽しそうかもしれないけど。少しだけ試してみたい誘惑に駆られています。斜め下を向いている出口の下に器を置いて、飛び出すポップコーンを受け止めるわけですが、勢いが強いので、大き目のボールくらい用意しないと、受け止める器からさらに飛び出します。

 その勢いにつられて、まだはじけていないコーンまで一緒に飛び出てきてしまうので、そいつらを集めて再びマシンに投入しなければいけません。一回で全てのコーンをはじけさせるのはまず無理でしょう。いくら熱してもはじけない「ハズレコーン」もたまに混じってますし。

 蓋(兼計量カップ)は、くるりんぱと回転するようになっています。なんのためにこんな構造になっているのかわかりませんが、わざわざそういう造りになっているからには、何か意味があるんでしょう。

f:id:go_kuma:20141120222853j:plain

 さてこのポップコーンメーカーを見た息子は早速「ポックポーン食べたい!」ということになり、ドンキでポップコーンの素というのか種というのか、はじける前のコーンを買ってきました。業務用1kg。結構な量です。下の写真では開封して少し量が減っているのがわかると思いますが、これでも結構作ったんですよポップコーンを。もうしばらくポップコーンはいらねえやと思うくらいにはね。それでもまだこの量が残っているわけです。一袋使い切るのに、一体どれだけのポップコーンを食べれば済むのか……調子に乗って業務用なんて買うんじゃなかった……

f:id:go_kuma:20141120222954j:plain

 嫁さんはキャラメルポップコーンが食べたかったらしく、何箱もキャラメルを買い込んでいました。それをレンチンして溶かしてまぶそうとしたようですが、熱しすぎてカッピカピに焦がすという失態。レンジが焦げ臭くなってしまいました。

 あとで調べてわかったことですが、キャラメルポップコーンていうのは食べるキャラメルを溶かして味付けしてあるわけじゃなくて、砂糖を煮詰めたほうのキャラメルで味付けしてあるんですね。何も知らない嫁と僕。水とか牛乳で溶かすのかなぁなんて言ってたけど、そういう問題じゃねえよってことですね。買ってきた全キャラメルを無駄にしなくてよかった。

 結局、キャラメル味はあきらめて普通の塩味で食べました。

 息子はただひたすらポップコーンがはじける様を見たいがために、次から次へとポップコーンを作らせます。自分はそんなに食べないのに。僕と嫁はいい加減飽きてきたので「もうやめるよ」「もうこれで終わりね」と言っても「ポックポーン作るの!」と言ってゴネる始末。

 そりゃポップコーンがはじけて飛び出すのは面白いけど、作ったら食べなきゃいけないからね。君は見るだけで満足かもしれないけど、大量のポップコーンを食べるのはお父さんとお母さんだからね。そのへんわかってもらえるかな。

 ということで、しこたまポップコーンを食した休日でした。ポップコーンを食べるときにいつも思うのが「皮が邪魔」ということ。固い皮が残って、歯と歯の間に挟まったり、歯周ポケットに入り込んだり、舌の根元の横のほうに入り込んでなかなか出てこなかったり、まあまあうっとおしい。

 だけど、皮がなかったら食感がどうなるか考えてみたら、あの白いところだけだと発泡スチロール食べてるみたいな感じになりそうですね。たぶんカリカリ感は半減しますよね。ただ、そこらへん犠牲にしてもあの皮はいらないかなと個人的に思います。皮なしポップコーンが出たら、ポップコーンを食べる量が今の倍くらいになるという予測が僕の中で出ています。だけどあれたぶん皮がなかったらはじけないでしょうね。

 ともあれ、目の前でコーンがはじけて飛び出してくるのはなかなか楽しいものです。家で好きなように味付けできるのもいいですね。味付けといえば、ハッピーパウダーが単体で発売されたら、間違いなく使いますね。ハッピーポップコーンですよ。ハッピーパウダー別売りされないかな。

 ただし、ハッピーターンアイスは二度と食べませんけどね。