ペンデュミオンの螺旋

廻る廻る廻る廻る廻る 僕はお寿司さ

スポンサードリンク

ひさびさに自分の寝言で目が覚めた

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180711231902p:plain

 

夢にうなされて そこでお前を待ってる

 

 夢を見ていたんです。

 目が覚める直前のことなので、はっきり覚えています。ほんのワンカットだけの映像でしたが。

 家の台所で、嫁さんが何か料理をしています。ガスコンロが3つあって(本当は2つなんですが)、そのうちの真ん中と右のコンロを使っていました。

 真ん中のコンロでは、鍋にフレンチトーストを入れてグツグツと茹でていました。

 フレンチトーストとは言っても、夢の中でフレンチトーストだと思っていただけで、記憶にあるそれは、ヒトデみたいな模様の入ったパンのようなものでした。

 右のコンロでお湯を沸かしていて、そのお湯が沸騰して、今にも吹きこぼれそう。

 嫁さんは気づいていないようなので、声をかけました。

 「吹きこぼれるよ」

 しかし、反応がありません。真ん中のコンロで茹でているパンのようなものに集中しています。

 「ちょ……吹きこぼれるよ!」

 無視です。

 嫁さんは現実でも、たまに私の言葉を無視します。聞こえてなかったと言いますが、本当に聞こえてなかったのか怪しい時がある。今のは完全に聞こえとったやろ!と思うこともありますが、それを言うと険悪になるので言いません。

 そのうちに、右のコンロで沸かしているお湯がますます激しく沸騰して、いよいよ吹きこぼれはじめました。ジュウジュウいってます。

 「〇〇ちゃん!」

 と、嫁さんの名前を呼んだところで目が覚めました。ウチは名前にちゃん付けで呼んでいます。

 しばらく布団の中で「夢だったか……」と、ほっとする余韻に浸っていました。

 布団から起きてトイレに行くと、夢と同じように嫁さんがコンロの前に立っていました。

 「さっき大きな声で寝ごと言ってたよ」

 「うん、自分の声で目が覚めた」

 「危ない!って」

 「……え?」

 私には夢の中で「危ない!」と言った記憶はありませんが、どうやらそんな言葉を叫んでいたようです。マジか。自分の声で目が覚めたのに、その時の言葉を覚えていないなんて。夢と現実のギャップ。

 夢の中で叫んだ言葉と、現実に口から出ていた言葉が違うこともあるんだな、という話でした。

 ではまた!

 

夢

 

 

夢