読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

苦しいのは執着しているからなんだけど執着しないと自分が何なのかわからなくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近なんでこんな苦しいのかなーと思ってて、その苦しいのをずっと見てたんですけど、そしたらふっとわかったことがあって。

 苦しいのは金銭的な問題が原因だというのはわかりきってました。それ以外に何も原因がありませんでしたから。もう胃が痛くて吐き気がするくらい苦しくて。

 でも、金銭的な問題はもうどうしようもない。いや、どうしようもあるかもしれないけど、少なくともこの精神状態では何かアクションを起こすこともままならない。とにかく不安で不安で。先のことを考えると気分がどんよりするばかりで、この状況を脱するために何かしようという気力も湧かない。

 まずはこの、不安で苦しい精神状態を脱することが先決だと考えた僕は、自分の内面を見つめることに徹しました。心が立ち直らなければ、何も行動できない。

 苦しい。これはどうにかならないか。なぜ苦しいのか。苦しむ前にやるべきことがあるはず。先のことを考えてもしょうがない。不安が増すばかりで何の足しにもならない。今できることを考えるべきではないか。いや、この精神状態を脱することが先だ。なぜ苦しいのか。なぜ……

 思考の袋小路。同じ理屈の堂々巡り。所詮、この状況で考えられることのバリエーションは限られる。理屈の上では、自分が行動を起こすこと以外に解決策はない。しかし、理屈ではわかっていても心は苦しみ続けている。苦しくて何も手につかない。

 ふと思う。苦しいのは執着ではないのか。自分の家族、自分の生活、プライド、世間体、その他諸々の、自分がしがみついている何か。

 苦しいのは幻想?本当はこの苦しさを持続させることで、自分の中の何かを守ろうとしているのか。いや、自分そのものを守ろうとしているのか。エゴ。自我。自分を自分たらしめているものの核心を。

 本当は……何だろう。何か違う気がする。この苦しみは何か違う。自分が置かれた現実の状況。そこから生まれる精神状態。苦しみ。もっと根本的なこと。何かが根本的に間違っている。

 いやいやいやいや、しかし、しかしだ。根本的すぎるだろう。そこまで疑ってしまっては、自分そのものが成り立たなくなる。苦しいとかなんだとか、全部嘘になる。そんなことは……そんなことが。

 そこに思い至った瞬間、胸のつかえが取れて、嘘のように苦しみが霧散して……そう、嘘だった。嘘だったから。苦しみも、苦しんでいる自分も、自分がしがみついている諸々のことも。もっと言えば自分そのものが根本的に嘘だったから。

 ああ、何だろう。何言ってるんだろうこれ。

 狂い始めているのか。

 それでも構わん。苦しみから解放されるなら。