ペンデュミオンの螺旋

めぐるめぐる季節の中で あなたは何を見つけるだろう

スポンサードリンク

【メンタル】遥かに霞む山並みのように【癒し】

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180604214835j:plain

 

 新しい季節の始まりは

 夏の風 町に吹くのさ

 

 今日も昨日に続いて内省エントリー。

 会社で仕事をしていて、ひとり作業の合間に、窓から遠くの景色を眺めていました。サボってたわけじゃないです。待ち時間があるんです。

 会社の建物は田園地帯の端っこにあって、工場系の建物がいくつか密集している土地なんですが、その中でも私が勤めている会社の建物は比較的高く、窓から遠くの景色がよく見えます。

 快晴とは言えず、かといって曇りとも言えない微妙な空。薄い雲に混ざって、幾筋かの飛行機雲が走っていました。その飛行機雲が消える地平線には、暗灰色の山並みが、薄雲に霞んでシルエットだけの姿を見せています。

 密集した工場の向こうには、田植えが終わったばかりの田園が広がっていて、水面がキラキラしています。その向こうを、単線の電車が一本走っていきます。

 窓からは、ときおり涼しい風がそよと入り込んできて、汗ばんだ体を冷やします。

 ああ。なんという、自然。

 こんな景色を見ていると、何もかもを捨てて、人間社会に背を向けて、自然に還りたくなってしまう。自然の中に引きこもりたい。いやむしろ、人間社会に引きこもった自分を、自然に放したい。

 無理だけど。

 目に映る山々と同じように、心の中のはるか遠くに、癒しが霞んで見える。

 じわりと泣けてくる。

 あれは、遠くにあるから癒しなのかも。

 あれがもし目の前にあったら、癒しどころじゃないかもしれない。あれの力で、自分は壊れてしまうかもしれない。太陽は、遠くにあるから暖かい。近づいたら燃え尽きてしまう。そんなような。

 胸の穴に、あの癒しが、いまも微かに残っている。

 その残滓だけで、気を抜くと、泣けてくる。

 もはや、自分が癒されているのか、悲しいのか、それとも切ないのか、わからない。

 とにかく、胸の穴はもう空っぽじゃなくて、何かで満たされている。

 この感じ、嫌いじゃない。

 

今宵の月のように

今宵の月のように

 

 

川の流れのように

川の流れのように

 

 

白い雲のように

白い雲のように