ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

商品名の自由について云々する

 前回の記事とは全く関係ない内容ですが、以下のブログ記事について思ったことを手短にお話しさせていただきます。

news.merumo.ne.jp

 グノシーで見つけた記事なんですけどね。記事タイトルそのまんまの内容です。

 奇しくもこの記事に登場するアイス好きのおっさんと同い年なのであえて言わせてもらいます。47にもなって恥ずかしいとか、なにカマトトぶっとんねん。こういうのが恥ずかしいのは30代までや。なんで関西弁やねん。

 結婚して子供が生まれるまでサーティワンなんて縁のなかったごくまですが、嫁さんに教育された子供がときおりサーティワンのアイスを食べたがるので、たまにですが利用します。しかし子供はこの記事に出てくるような恥ずかしい名前のアイスではなくバニラ一択なので、残念ながら注文したことはありません。

 ごくま自身もアイスは好きですが、わざわざサーティワンまで出向いて買うほどではありません。近所のスーパーでチョコモナカジャンボでも買ってれば満足です。

 しかしこのおっさんが言う「恥ずかしい名前のアイス」注文できるなら注文してみたいですわ。若い女子店員に「ストロベリーキスください」とか言ってみたい。なんなら「ストロベリーキッス(はぁと)ください」でもいい。そんで女子店員が失笑するとか、苦虫を嚙み潰すとか、蔑んだ目でこっちを見下ろすとか、そんな表情を見てみたい。

 ラブポーションなんてもう最高やん。おっさんが若い女子に「ラブポーションください」って合法的に言えるんですぜ。フーゥ!正しくはラブポーションサーティワンですけど。「キミの愛のしずくを31滴、僕にくれるかな」とか。それ言ったら通報されるか。

 ということで今日は仕事も休みだし、午後のおやつはサーティワンのラブポーションにしようかな。

表現の自由について云々する

 例のクジラックスさんとかいうエロ漫画先生の件です。ネットでの騒ぎっぷりを見て、これはブログで何か書きたいなと思ったものの、やっぱりこんなことに首突っ込むのはよくないと思って静観するつもりが、やっぱり書きたい衝動に負けてしまいました。

 ツイッターのまとめやはてブにも上がってきてたのでご存知の方も多いかと思いますが、知らない人のためにざっくり説明すると、とあるロリエロ漫画の内容を真似た犯罪が起きまして、犯人も具体的に作品名を挙げて模倣しましたと自供しているそうで、作者の家に警察が来て圧力がかかっただのかかってないだの、規制しろだの表現の自由を守れだのいう騒ぎが起きましたという話です。

 個人的にはロリに興味ないし、こんな下劣な犯罪を誘発するような漫画は撲滅してしまえばいいのにと簡単に思っているごくまですが、そうもいかないのが表現の自由という世界らしいのです。

 要するに、今話題の共謀罪と似たようなもんで、一部の作品が犯罪を誘発したからといって規制を許すと、どんどん規制の網が広がって、いずれは国家権力に盾突く者はすべて粛清されるぞ、というのが表現の自由を守れ派の意見らしいです。すいません、ざっくりとしか把握してませんので適当に言ってますがだいたい合ってると思います。

 でね、表現の自由を守りたい擁護派の人の意見として、実際の犯罪と架空の作品は別物だから全く関係ない、行動に起こさない限り思想は自由だ、個人的な趣味嗜好は犯罪を起こさない限り守られるべき、みたいなものがあるわけですよ。

 言いたいことはわかりますけど、程度問題だろとも思いますよね。今回の騒ぎの元となったクジラックスさんの作品、ツイッターのまとめ内にリンクがあったので見てみましたが、胸糞が悪くなるってこういうことなんだな、という内容でした。見たい人は適当に探して個人の責任で勝手に見てください。おすすめはしません。

 あくまで個人の意見なんですけど、こういう作品はこの世にいらないな、と思いました。ロリは別にいいんですよ。そういう嗜好は否定しません。理解はできませんが、個人の性癖に他人がとやかく言う筋合いはないと思いますし。おっさんと少女が恋愛関係になって結ばれました的な甘い話ならまだね。でもこれはあかんやろ。いくらなんでも。だってこれ相手が大人でも完全に犯罪だし。

 ここまでやっちゃったら規制されても文句言えないよな、というのが正直な感想です。だってこんな作品が大好きで毎日妄想に耽ってますとかいう人が近所にいたら引っ越したくなりますよ。いくら実際の行動には移さないとしても、こういうのが好きってことは、いつ実際の行動を起こすかわかったもんじゃないでしょ。だいたい、人間の行動は思考から始まるものでしょう。まず考えて、それから実行に移す。仕事でも趣味でもなんでも、そういうパターンで行動するのが人間という生き物でしょう。考えていることと実際の行動は別、なんておかしくないですか。

 漫画に限らず、映画や小説、アニメなんかが犯罪を誘発したり、キッカケになったりしたような事件が起きると、漫画やアニメのせいにするな!悪いのは犯人だ!という意見が出る。犯人が悪いのはもちろん大前提として、その犯人の背中を押してないか?という作品があるのもまた事実でしょう。

 犯罪や社会問題が起きた時は、アニメや漫画の影響なんて関係ない!と言う。じゃあ逆に良いことがあった場合は?世界的なサッカープレイヤーがキャプテン翼に憧れて選手になったとか。ジブリ作品を見て自然の大切さに目覚めましたとか。そんな話いくらでもあるでしょうよ。しかも本人が作品に影響されてこの道に進みましたって公に言っちゃってる例もあるし。それで漫画やアニメは関係ないとは言えないでしょう。それどころか、あの選手はこの作品に影響されて世界レベルになったんだぜ!ってドヤ顔で言ってない?なんで犯罪の時だけ関係ないことにするの?ズルくない?

 いや、いやいや、わかりますよ。問題はそこじゃないって。それでも「表現の自由」ってやつにモヤモヤする。いや、表現の自由を「守る」って言い方にモヤモヤする。

 自由ってのはさ、守るものじゃないでしょう。守られた中での自由は本当は自由でも何でもないよ?表現したいことがあるなら表現すればいいよ。そこに自由を求めるなら、表現したことのリスクも引き受けなさいよ。自由に表現したい、でも叩かれたり規制されるのはイヤっておかしいよ。サッカー選手に影響を与えたキャプ翼の作者が賞賛されるのと同じように、犯罪者に影響を与えた漫画の作者は叩かれてしかるべきでしょうよ。それでも俺は描く!ってのが自由を標榜するに足る「表現」なんじゃないの?

 表現の自由憲法で保障されてる?保障とかwww笑うわwww憲法なんてその場の都合で書き換えられるんですよ?現にそれをやろうとしてるんでしょうこの国のお上は。

 表現の自由は守るべき!とか叫んでる人に限って、自由に表現したい何かがあるわけでもなく、組織という監獄()の中で自分を殺してぬくぬくと安寧を享受してるんじゃないの?守られることが当たり前だと思ってる甘ちゃんなんじゃないの?表現を通して自由を勝ち取る気概も覚悟もないんじゃないの?知らんけど。

 それはそれとして、この作品読んで本当に楽しいのかな。興奮するのかな。そんな自分が抱えた闇をヤバいと思わないのかな。思わないか。思わないよなー。わかる。こういうのが好きな人って実際にいる。単純に、暴力とか、凌辱とか、拷問とか、人が苦しむのを見るのが好きな人って本当にいるんだよね。いるんだよ。今はもう関わりないけど、昔いたんだよ。いま思い出した。彼と関わる人はみんな不幸になってた。

 話を戻して、個人の感想として言わせてもらうと、この作品から「表現の自由ガー」って言うほどのものを何も感じないですよ。どれだけ残虐であろうと、人道にもとる内容であろうと、いやむしろ衝撃的であるほど、表現の自由を云々するだけの何かがあるなら、それはそれで認められてしかるべきでしょうけど、これに関してはなーんにもない、うっすい作品だなと思いました。

 逆にこんな作品で表現の自由がどうたら騒ぐほうが恥ずかしいわと思うくらい。

 気が付けば、そんな恥ずかしいことを臆面もなくブログに記してしまった今日のごくまちゃんなのでした。てへぺろ

【キラめき過ぎ】キュウレンジャーOP「LUCKYSTAR」の歌詞について【注意】

 今年から始まったスーパー戦隊シリーズ最新作「キュウレンジャー」。9人の救世主が宇宙を救うという話ですが、すでに11人で活動しています。9人のはずだったのに11人いる!増えすぎじゃね?

 それはいいとして、前作ジュウオウジャーにはあまり関心を示さなかった息子がキュウレンジャーにはやたらと食いつきがいいので、オープニングとエンディングの曲をAmazonミュージックでポチったり、キュータマを買い集めたりしています。

 そのOP曲「LUCKYSTAR」の歌詞でちょっと気になることがあります。

 作詞は藤林聖子さん。J-POPでもたくさんの作詞を手掛けていますが、特ソン・アニソン界隈では特に有名な作詞家さんです。その先見性から「預言者」の異名をとるそうです(Wikipedia情報)。

 そんな人気作詞家の藤林さんが手がけた「LUCKYSTAR」の中の一節にこんな歌詞があります。(2コーラス目)

トリセツやその場の空気は読んだら負けじゃね?ハッタリ感

  ここ、うろ覚えで鼻歌歌ってたとき、トリセツのところが思い出せなくて悩んだ挙句たしか「マニュアル」だったよな、と思ったんですよ。音の数が4つで「トリセツ」と同じじゃないですか。だからマニュアルと言い換えてもメロディには乗るんですよ。言葉の意味も一緒だし。

 でも後で音源を聞いたら「トリセツ」だったので、その時ハッとしたんです。なんでわざわざトリセツという単語を選んだのかなと。単語っていうか略語ですけど。取扱説明書、略して取説。しかも歌詞を見ると漢字じゃなくてカタカナで「トリセツ」なんですよね。

 マニュアルでも意味は同じだし一般的にわかりやすい言葉だと思うけど、そこをあえてトリセツとしたのには何かワケがあるんだろうなと感じましたね。トリセツっていう言葉がいつから使われだしたのか知りませんけども、マニュアルよりは新しい気がします。昔は「取扱説明書」と言わず、単に「説明書」と言ってました。それでも長ったらしいから、英語でかっこよくマニュアルって言うのが僕のようなおっさんが若者だった頃の若者言葉だったはず。たぶんマニュアルって言葉が浸透したのはパソコンの普及と関係あると思います。

 それはさておき、今度はそのマニュアルから日本語に回帰して「取扱説明書」を略した「トリセツ」が若者言葉として定着しているのでしょう。歌詞のトリセツの後にくる「読んだら負けじゃね?」の「〇〇じゃね?」と語尾を上げる言い回しも若者言葉ですよね。

 そういう、若者が受け止めやすい言葉選びがやっぱりプロのセンスなのかなと思いました。若者といってもこの番組の対象年齢はかなり若いんじゃね?という気がしますけども。

 キュウレンジャーの歌詞のおかげで「取扱説明書」を「マニュアル」でなくて「トリセツ」を言うところに若さを感じる自分がどんだけおっさんなのかということを実感した出来事でした。

 以上!

 

11人いる! (小学館文庫)

11人いる! (小学館文庫)