ペンデュミオンの螺旋

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

ペンデュミオンの螺旋とは - ごくぺでぃあ

f:id:go_kuma:20171122225930p:plain

 今月からこのブログのタイトルは「ペンデュミオンの螺旋」になりました。

 ペンデュミオン?……の、螺旋?聞きなれない言葉だと思いますので、ブログのタイトルに冠した「ペンデュミオンの螺旋」についてお話したいと思います。

 ペンデュミオンは、18世紀末のギリシアの科学者……というより錬金術師で、すでに錬金術よりも科学が幅を利かせていたこの時代に、趣味で錬金術を極めようとした人物です。父親は鉱脈を見つけることを生業とする有能な山師で、莫大な財産を築いたとされます。その父親の遺産を食いつぶしながら、生涯を趣味の錬金術に費やした道楽息子がペンデュミオンです。

 彼の錬金術はあくまで趣味の範囲でしたから、本業の科学者や、その時代にまだ錬金術を信じていた人達にも全く知られていませんでした。その彼が、一躍ギリシアの有名人となった出来事があります。

 それは、彼が友人の科学者であるアレイスタに、錬金術の成果として見せた不思議な石にまつわる一連の事件でした。その石は、1辺が1ペーキュス(およそ48cm)の正六面体で、表面には幾何学模様が彫り込まれており、質感は石のようでありながら、その大きさに比して非常に軽かったといいます。触れると硬いけれども、地面に落とすと軽く弾んだそうです。

 さらに不思議なことに、その石を転がすと、その場にいた人が勝手に身の上話を始めたり、本当は知られたくないようなことまでペラペラ喋りだしたというのです。石を転がした時に上を向いた面の模様によって、話す内容はおよそ6つのパターンに分かれていたといいます。

 話を聞きつけた人々がペンデュミオンの元を訪れ、その不思議な石の「魔法」を見せてくれるように頼みました。ペンデュミオンは快く引き受け、集まった人々が見守る中、石を転がしては人々が話し出す物語をみんなで楽しんだといいます。ペンデュミオンはその石を転がすとき、軽快なリズムで呪文のような言葉を唱えたそうです。

 「ナニ・ガデル・カナ、ナニ・ガデル・カナ……」

 アレイスタが、この石をどこで手に入れたのかと聞くと、ペンデュミオンは「螺旋の神に作り方を教えてもらった」と言い、その製法と必要な材料を記したノートを見せたそうです。ところが、そこに描かれていたのは、複雑な螺旋が絡み合ったような、絵なのか文字なのかも判然としないものでした。

 しかし、ペンデュミオンがそのノートの読み方をアレイスタに教えると、アレイスタもペンデュミオンが作ったという不思議な石と同じものを作ることができたのです。ところがアレイスタは、ペンデュミオンのノートの写しを燃やしてしまい、自分が作った不思議な石もどこかへ捨ててしまったといいます。

 その後、ペンデュミオンとアレイスタの交流は途絶え、ペンデュミオンと不思議な石の噂も廃れ、人々の記憶から忘れ去られていきました。

 時は流れ19世紀半ば、第二次大戦が始まろうとする頃、錬金術の文化的意義について研究するボーマンというイギリス人が、ペンデュミオンの子孫から「螺旋の神のノート」と、あの不思議な石を譲り受けました。しかし彼もまた、ノートと石と共に姿を消してしまったといいます。ボーマンがどうやってペンデュミオンの子孫を探し当てたのか、ノートと石は本物だったのか、全ては謎のままです。

 ただ、ボーマンがノートと石について研究・考察した資料が残っていて、戦後それを手に入れたのが日本の人文学研究者だったと言われています。彼の名は後藤隆太郎。そう、後に僕の祖父となる人物です。

 ちゃんちゃん。 

月に呼ばれて海より如来る (徳間文庫)

月に呼ばれて海より如来る (徳間文庫)

 

 

上弦の月を喰べる獅子 上 (ハヤカワ文庫 JA ユ 1-5)

上弦の月を喰べる獅子 上 (ハヤカワ文庫 JA ユ 1-5)

 

 

 

うずまき (ビッグコミックススペシャル)

うずまき (ビッグコミックススペシャル)

 

 

 

まだ観ぬ『GODZILLA 怪獣惑星』に『Peeping Life』の呪いはかけられているか

godzilla-anime.com

 先週から公開始まりました『GODZILLA 怪獣惑星』、まだ観に行ってませんので作品の感想は書けませんが、予告編を観て感じたことがあります。それは「『Peeping Life』の呪い」と呼ばれる現象で、僕が勝手に名付けたものです。

 時は2008年、『Peeping Life』なるCGアニメーション作品が世に出ます。

www.cwfilms.jp

 アドリブコントみたいなものをCGアニメーションで表現したもので、3DCGにセルアニメ風のスキンを乗っけた、いわゆる「セルルック(セルライク)」という表現手法でキャラクターが造られています。3DCGの世界では「トゥーンレンダリング」や「トゥーンシェーディング」と呼ばれる技術で実現されています。

 日本では2004年の『APPLESEED』で話題になった手法で、それまでの3DCG然とした陰影や質感ではなく、あえてセルアニメのようにベタっとした平面的な色や影をつけることで、3DCGとモーションキャプチャの滑らかな動きを、セルアニメ的な絵で実現できるという画期的な技術でした。(セルルックの歴史や技術的な説明については個人の記憶に基づく曖昧な記述であることをご了承ください)

www.youtube.com

 この新しい技術をしょーもない(褒)アドリブコントに使った作品が『Peeping Life』です。

 10年前には新しい技術だったセルルックも、今ではテレビアニメでも多用されるようになり、メカだけでなく人物などのキャラクターもすべてセルルックの3DCGで描く作品もたくさん出てきました。僕が観た中では、『シドニアの騎士』『亜人』などがあります。

www.knightsofsidonia.com

www.ajin.net

 両作品とも、CGアニメを手掛けているのはポリゴン・ピクチュアズという制作会社で、CGのメディア展開黎明期から活動している「老舗」と言える存在で、広告などでもたくさんのCGを手掛けているので、この会社の作品を観たことがない人はほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。

 『GODZILLA 怪獣惑星』も、このポリゴン・ピクチュアズが制作しています。

 さて、じゃあ何が呪いなのかという話なんですが、セルルック黎明期に『Peeping Life』を観てしまった僕は、その後のセルルックCGアニメを観るにつけ、どんなにシリアスな作品で、どんなにカッコいいキャラクターが出てきても、全部この『Peeping Life』とかぶって見えてしまうということなんです。

 特にひどかったのがテレビシリーズの『亜人』で、内容はすごくハードな話なんだけども、キャラクター同士が会話しているシーンなんか観ると「あれ……これPeeping Lifeなんじゃね?」と思えてしまうのです。会話の内容はすごくシリアスなのに、キャラクターの動きを観ていると、なんかすごくゆる~い会話が交わされているような錯覚を覚えてしまう。

 そうなるともう本来のストーリーに集中できなくて、シリアスな世界に入り込めなくなってしまうんですよ。登場人物が、隠れ家の一室でソファに座って会話している。会話の内容は、殺すか殺されるかみたいな話なのに、キャラの動きがPeeping Lifeっぽく見えちゃうともうダメ。

 3DCGとモーションキャプチャの組み合わせが、生身の人間の動きをアニメに変換することを可能にしたわけですが、中割りが滑らかすぎるというか丁寧すぎるというか、セルアニメみたいにコマを飛ばしてスピード感を出すみたいなことができない(やらない?)から、動きが均質になりがちだと思うんですよ。たぶんね。

 だから『亜人』も『シドニアの騎士』も『Peeping Life』も、キャラの動きが同じように見える。演じているのは生身の人間ですから、極端な差は生まれないわけです。

 そういうわけで『GODZILLA 怪獣惑星』を観に行きたいんだけども『Peeping Life』の呪いが怖くて躊躇している、という話でした。

 ではまた!

劇場版 シドニアの騎士
 

 

 

APPLESEED [Blu-ray]

APPLESEED [Blu-ray]

 

 

月曜の昼下がり、森村誠一サスペンスに度肝を抜かれた話

f:id:go_kuma:20171120220400p:plain

 最初に謝っておきますが、度肝を抜かれたっていうのは言い過ぎです。

 今日は仕事が休みだったので、ちょっとした用事で実家に行きました。親父が居間でテレビを見ていたので、お袋が入れたコーヒーを飲みながら一緒に観ていました。三浦友和野際陽子が出ていましたが、2人ともまだだいぶ若かったので、10年以上前のドラマだと思います。

 タイトルは『森村誠一サスペンス(2)”窓”「容疑者は全員がシロだった…河口湖の社長別荘で猟銃が狙う殺意の標的!訴訟男…愛人…花嫁の父…偶然が招いた悲しい傷跡」』長い!サスペンスドラマによくある超長いタイトル。最近のラノベも到底太刀打ちできない長さ。内容ざっくり説明しちゃってるし。

 僕は途中から観始めたんですが、ちょうどその時は三浦友和演じる刑事ともう一人の若手刑事が、ホテルの従業員に聞き込みをしているところだったんですよ。

 刑事「昨日、〇〇さんとお話されましたよね。どんな話をしたか覚えてますか」

 従業員「さぁ…ちょっとした世間話をしただけで、大した話はしてませんけど」

 刑事「そういうのでいいんです、どんな話でもいいんで、教えてもらえませんか」

 従業員「そうですねぇ…天気の話とか…この近くで起きた事件の裁判の話とか

 おーい!それそれ!それよ!それめっちゃ重要!なんでそれ大した話じゃないと思った?って心の中でツッコミました。全然大した話じゃないフリしながらすごい情報ぶっこんできたよね。取って付けたように大事なこと言わせた感がハンパないよね。さりげなくなさすぎるよ。相当さりげあるよそのセリフ。

 座卓の向かいで親父が真面目な顔して観てるんで、声に出してツッコむわけにもいかず、笑うこともできず、微妙にニヤつきながら観てましたけどね。いやほんとこれ、声に出してツッコみたいセリフですよ。

 そのあといろいろあって、三浦友和野際陽子が屋上で夫婦のもめごとについて会話してました。野際さん、今年亡くなっちゃったけど、晩年も信じられないくらい綺麗だったなぁ。『トリック』の山田奈緒子のお母さんの役とか好きだったよ。もう続編が作られても、お母さん出せないんだなぁ。さすがにもう続編は作らないか。仲間由紀恵もさすがにちょっとお年を召してきたし。山田奈緒子の役は苦しいかなぁ。

 もう、いっそのことキャスト全とっかえで続編作ったらどうですかね。しばらく間を置いて、みんな忘れた頃にやれば、今までのシリーズのファンもそれほど文句を言わずに観るような気がしますけども。僕は文句言わずに観るつもりですけども。

 以上、森村誠一サスペンスを観てトリックの続編を新キャストで作ってくれないかなぁと思った話、でした。

 ではまた!

ねこの証明 (講談社文庫)

ねこの証明 (講談社文庫)

 

 

 

私とワルツを

私とワルツを