ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

【ネバタレ映画鑑賞記】西遊記2 妖怪の逆襲(吹替版)【マチャアキじゃないほう】

 ご無沙汰です。最近、映画づいていて、毎月のように映画を観ているごくまです。

 さて今回は「西遊記2 妖怪の逆襲」(吹替版)を観てきました。昭和の時代、日本テレビでやっていた大人気特撮(?)ドラマ「西遊記II」を思い出したあなたはもしかしてアラフィフではありませんか。

 前作「西遊記 はじまりのはじまり」を観た時も感想記事を書きましたので参考までに自家リンクをば。

gokumatrix.hateblo.jp

gokumatrix.hateblo.jp

 その周星馳チャウ・シンチー)の西遊記第2弾であります。今回、周星馳はプロデューサーで、監督は徐克(ツイ・ハーク)です。徐克の名前は聞いたことある気がする。作品を挙げろと言われても無理ですが。

 劇場に行ったのは平日の夜だったので、スクリーンに入った時は僕以外誰もいませんでした。貸し切りかよ!と思ったら、映画が終わった時点で2人増えていました。100席以上あるスクリーンに観客は3人。ま、まぁ、平日の夜ですからね。

 作品全体に漂う雰囲気を一言で表すならば「チープ」に尽きます。いわゆるB級の臭いがプンプンプン。前作から3年も経っているため、どんな内容だったかほとんど覚えていなくて、キャラもどんなんだったか忘れていました。導入部分は「あれ、三藏ってこんなんだっけ」とか「あー、沙悟浄は魚だったな」とか思いながら観てて、孫悟空が登場した時には「誰やこれ」。

 前作で見た孫悟空は、思った以上に普通のおっさん(ホアン・ボー)だったので、今回の孫悟空(ケニー・リン)のイケメンぶりにびっくりですわ。そりゃまぁ孫悟空といえば変幻自在ですから、イケメンじゃない普通のおっさんからイケメンまで幅広い顔を作れたとしても不思議じゃないけどいくらなんでもやりすぎちゃうんかい。

 そんで今回もCGがド派手。そんで無駄に……いえ、やたらと声優陣が豪華。

 孫悟空山寺宏一、三藏が櫻井孝宏、比丘国のアホの国王が山口勝平、その側近の仲間由紀恵(みたいな人)が沢城みゆき、蜘蛛女が能登麻美子、宮廷の歌姫(実はガイコツ女)が小松未可子氏などなど、あと自分は知らないけどたぶん有名な人とかも出てます。あと三蔵の師匠が茶風林でした。

 物語の後半、比丘国っていう中東なのかどこなのかよくわからない国に着くんですが、その国王に憑りついていた妖怪が紅孩児だったんです。西遊記の原典にも登場する紅孩児(漫画の最遊記にも出てきますね)。そのビジュアルがまた独特で、子供キョンシーロボ的なイメージ。そいつと孫悟空が怒涛のゴムゴム火炎バトルを繰り広げます。

 最後は仲間由紀恵がラスボスだったと判明して、ホトケバトルが勃発。スケールでかくなりすぎてわけがわかりません。いやわからなくもないか。ニセのホトケが3体出てきて、最後に本物のホトケが手だけ登場してあっさり片付けます。

 ラストはまたGメン’75のテーマが流れて劇終。これも前作で流れたのを忘れていたおかげで「なんでGメン’75なんだ!」と新鮮な気持ちで驚きました。前作の感想記事を読み返したら、やっぱりGメン’75のこと書いてた。記事の最後に「続編を作るなら同じキャストで」って書いてあったので、前作と今作のキャストを調べたら、どうやら孫悟空以外もメインキャスト全とっかえだったようです。孫悟空のギャップがでかすぎて他のキャストが違うことにも全然気づかんかったわ。

 前作の感想を読んでいると、おぼろげながら断片的なシーンが蘇ってきて、そういえば前作はB級ながらもうちょっと歯ごたえのある内容だったよなぁと思ったりもします。監督が代わっちゃったからしょうがないけど、今回は前に比べて内容の軽い、単なるドタバタ劇になっちゃった感じがします。

 エンドロールのあと、この作品を観終わった観客が「監督の挨拶とかあるんじゃないのか」って言ってる横で周星馳演じる劇場スタッフがゴミを片付けながら「大作じゃないので監督の挨拶はありませーん」と言う短い映像がおまけでついてます。

 大作じゃなくていいので、西遊記3で周星馳監督が帰ってくることを期待しましょうかね。

 

 ちなみにタイトルの頭が「ネタバレ」じゃなて「ネバタレ」になってるの気づいた?

 

西遊記 DVD-BOX 1

西遊記 DVD-BOX 1

 

 

 

 

 

西遊記~はじまりのはじまり~ [Blu-ray]

西遊記~はじまりのはじまり~ [Blu-ray]

 

 

【映画の感想】ジョン・ウィックchapter2【ネタバレ有り〼】

 観てきましたので感想文を書きます。夏休み期間中ですし。

 1作目は観てなかったんですが、映画を観た数日後にBSジャパンでやってたので録画して観ました。1作目もテレビ番組内での宣伝や予告CMを観て気になってはいたものの、いつの間にか観のがしていました。

 最近chapter2の宣伝を観て、ああそういえば前も気になってたなぁと思って、今回は忘れないうちに観に行こうと決めてたんです。前作の時から、これはたぶんアクションがメインでストーリーとかわりとどうでもいい系の作品だろうなと推測していたので、いきなり2作目を観るのに抵抗はありませんでした。

 録画した1作目を観て、その推測が外れていなかったことがわかりました。ネタバレ有り〼とか書きましたが、正直ネタバレがどうしたというレベルの話です。前作と今作を通して「ストーリー?あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」とでも言わんばかりの展開。ひたすらアクションアクションまたアクション。人が死ぬ死ぬ。これでもかと死にます。今作だけで延べ100人は死んでる。あれ絶対死ぬ役の人使いまわしてると思います。日本のチャンバラ活劇に似たものを感じましたね。バッタバッタと死ぬ感じ。

 アクションとアクションの間に、割と静かな緊張感のあるシーンが挟まっていますが、これもまたアクションを引き立てるためのスパイス的な使われ方。セリフのやり取りなんかも、ストーリーとかどうでもええわという雰囲気。ひたすらこれから展開するアクションシーンへの緊迫感を高めるために用意された感じです。

 chapter2は最初から主人公のジョンがマフィアか何かのアジトにフツーに入り込んで、殴る蹴る撃つ投げる撃つ。なぜか笑えてきました。自分でもなんで笑ったのかわからないけど、大の大人が相手をとっかえひっかえ殴り合いの喧嘩(というか殺し合い)をするというのが妙に滑稽に観えたのではないかなと思います。

 ジョンは殺し屋で、基本は銃で撃ち殺すスタイルですが、最初は殴ったり蹴ったり投げたり関節を極めたりという体術から入り、その流れで鉛玉をぶち込む感じです。人がたくさんいる場所だとか、狭い通路だとか、そういう場所を移動しながら襲い来る敵をガンガン倒していきます。何か、FPSのプレイ動画を観ているような感覚になります。たぶんそういうゲームのような感覚を、観客に味わってもらおうとしているのでしょう。

 前作では、ジョンの奥さんが病気で亡くなってしまい、それを悲しむジョンの姿から映画が始まるのですが、今作も同じような始まり方で、スマホに保存された奥さんとの映像を観ながらジョンがめそめそするシーンが最初にあるんですよ。最初は「ああ、こういう悲しみを背負った主人公なんだな」と少し感情移入するんですが、これが前作と同じ始まり方だと思うと、ちょっと可笑しくなっちゃうんですよね。2回続けるとギャグになるみたいなパターンてあるじゃないですか。これもし3作目作ったら、またジョンがスマホ見ながらめそめそするシーンから始まるんじゃないですかね。もしそうだったら絶対笑っちゃうなこれ。

 あとおまけ情報ですが、chapter2のラストに近いシーンで、敵ボスを追いつめた先がミラールームになってて、敵がどこにいるのか、どれが本物なのかわからなくなるところがあるんですよ。これブルース・リーの「燃えよドラゴン」へのオマージュですよね。ブルース・リー世代のおっさんはここで「おっ」となります。

 というわけで、ストーリーとかどうでもいいから純粋にアクションを楽しみたい、という方にはオススメの作品でした。逆に人が死ぬのは苦手、という人は見ないほうがいいです。とにかく容赦なく人が死ぬので、ゲームだと思って観ないと辛いと思います。

 ではまた。

 

 

 

 

商品名の自由について云々する

 前回の記事とは全く関係ない内容ですが、以下のブログ記事について思ったことを手短にお話しさせていただきます。

news.merumo.ne.jp

 グノシーで見つけた記事なんですけどね。記事タイトルそのまんまの内容です。

 奇しくもこの記事に登場するアイス好きのおっさんと同い年なのであえて言わせてもらいます。47にもなって恥ずかしいとか、なにカマトトぶっとんねん。こういうのが恥ずかしいのは30代までや。なんで関西弁やねん。

 結婚して子供が生まれるまでサーティワンなんて縁のなかったごくまですが、嫁さんに教育された子供がときおりサーティワンのアイスを食べたがるので、たまにですが利用します。しかし子供はこの記事に出てくるような恥ずかしい名前のアイスではなくバニラ一択なので、残念ながら注文したことはありません。

 ごくま自身もアイスは好きですが、わざわざサーティワンまで出向いて買うほどではありません。近所のスーパーでチョコモナカジャンボでも買ってれば満足です。

 しかしこのおっさんが言う「恥ずかしい名前のアイス」注文できるなら注文してみたいですわ。若い女子店員に「ストロベリーキスください」とか言ってみたい。なんなら「ストロベリーキッス(はぁと)ください」でもいい。そんで女子店員が失笑するとか、苦虫を嚙み潰すとか、蔑んだ目でこっちを見下ろすとか、そんな表情を見てみたい。

 ラブポーションなんてもう最高やん。おっさんが若い女子に「ラブポーションください」って合法的に言えるんですぜ。フーゥ!正しくはラブポーションサーティワンですけど。「キミの愛のしずくを31滴、僕にくれるかな」とか。それ言ったら通報されるか。

 ということで今日は仕事も休みだし、午後のおやつはサーティワンのラブポーションにしようかな。