ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

清州城にて満開の桜を愛でるの巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週のお題「お花見」

 どうも、揺れる想いのたけを抱きしめたごくまです。

 奇しくもというか、季節的にそうなっちゃうよなという感じで、はてなのお題に合わせたつもりではありませんが、花見に行ってきました。

 愛知県清須市にある清州城。旧国道22号と、国道302号が交わるあたり、五条川沿いにあるお城です。また、すぐそばにJRの在来線と東海道新幹線も並行して通っているので、お城の敷地からは在来線と新幹線の両方を見ることができます。

 現在の清州城は平成元年に建造された新しい建物で、いわばお城の外観を模した博物館といったところです。名古屋城と似たようなもんですね。ただし清州城のほうは、もともとお城があった場所から五条川を隔てた対岸にあり、本来の清州城跡は公園になっていて、小さな丘に碑が立っています。

 今日のチャンスを逃せば、今年の桜は散ってしまうだろうと思って、朝一から出かけました。満開の桜が風になびいて、桜吹雪が舞っていました。散った桜の花びらが、五条川の水面に花筏を作っていて、まさに春の風情。これだけベストなタイミングで花見ができる年もそうそうありません。

 帰るころには駐車場は一杯で、駐車待ちの車の列が、国道まで伸びていました。

 

 五条川の堤から望む清州城。

f:id:go_kuma:20180331214748j:plain

 

 五条川の堤防道路。桜祭りで通行止め中。右側の芝生は花見客でいっぱい。

f:id:go_kuma:20180331214810j:plain

 

 清州城天守からの眺め。中央左よりに見える白い塔は、三菱エレベーターの試験塔SORAE。

f:id:go_kuma:20180331214834j:plain

 

 すれ違う新幹線。その手前には在来線の線路が走っています。

f:id:go_kuma:20180331214853j:plain

 

 午前中に一旦清州城を出たのですが、近くのショッピングセンターで午後を過ごして、さぁ帰ろうかという頃に、嫁さんのリクエストで再び夜桜を見に清州城へ来ちゃいました。昼間見たように、もし駐車場が一杯で渋滞してたらあきらめて帰ろうと話ていましたが、ちょうど夕食時だったためか、意外とすんなり入れました。

f:id:go_kuma:20180331214918j:plain

 

 名古屋駅方面の夜景。

f:id:go_kuma:20180331214931j:plain

 

 ちょうど月が出て、ライトアップされた清州城とベストマッチ。

f:id:go_kuma:20180331214944j:plain

 再びお城を後にして駐車場を出たら、またまた国道まで続く渋滞の列ができていました。運良く、ちょうど隙間の時間帯に入れたようです。

 去年はシーズン中に休みが取れず、花見に行けなかったので、今年は良いタイミングで花見を満喫できました。来年はどうかな。

 ではまた!

SAKURA

SAKURA

 

 

桜

 

 

はるかぜ

はるかぜ