ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

開封の儀 -ハッピーセット トッキュウジャー 「トッキュウチェンジャー」編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて開封の儀トッキュウジャー編第2回目は「トッキュウチェンジャー」です。

 トッキュウチェンジャーというのは、トッキュウジャーが腕にはめてる機械で、そこに小さな列車の模型(トッキュウレッシャー)をセットすることでトッキュウジャーに変身するという、仮面ライダーで言うところの変身ベルトにあたるアイテムです。

 トッキュウチェンジャーは、途中からトッキュウジャーに加入した6号を除く1号~5号全員共通の装備です。そこにセットするトッキュウレッシャーに、レッドやらグリーンやらという色と形の違うものがありまして、セットするトッキュウレッシャーによって何に変身するかが決まるというシステムです。なので、トッキュウレッシャーを交換すると、いつもはレッドの人がブルーになったり、イエローの人がピンクになったり、いわゆる「乗り換え」変身ができるようになっています。

 本物(?)のトッキュウチェンジャーは、妖怪ウォッチを優に上回るデカさで、当然のことながらハッピーセットのおもちゃの規格におさまらないので、今回のハッピーセットでもらえるトッキュウチェンジャーはミニチュアサイズになります。

f:id:go_kuma:20141110223026j:plain

f:id:go_kuma:20141110223046j:plain

 袋から出すとこんな感じ。これまた細かいところはシールで仕上げます。

f:id:go_kuma:20141110223100j:plain

 シールを貼って完成。大きさを比較するものがないのでわかりにくいですが、中に収まってるレッドレッシャーの大きさがだいたい百円ライターくらいです。という例えもわかりにくいですね……ミニチュアサイズなので、当然本物のように腕に装備することはできません。しかしそれを装備しようと悪戦苦闘するわが息子。しまいには「これ、はめれないー!」と文句を言い出します。とりあえず指にはめるようアドバイスしておきました。指にはめると使いづらいんですけどね。

f:id:go_kuma:20141110223201j:plain

f:id:go_kuma:20141110224027j:plain

 レッドレッシャーのおケツを見るとこんなのぞき穴が。ゴクリ……これ、のぞいていいのかな。いいんだろうな。何が見えるんだろう。昔、家にあった小さなひょうたんの根付に開いてた小さな穴をのぞいたら、微妙にエッチな絵が見えたのを思い出します。まさか子供向けのトッキュウジャーでエッチな絵はないと思いますが……イエローとかピンク(中の人が女の子)のサービスショットが見えたらどうしよう。

f:id:go_kuma:20141110224602j:plain

 あーよかった。1号から5号の烈車が映ってた。上の写真の右下についてる白いボタンを押すと、中のフィルムが回転して全部で8種類の写真を楽しむことができます。写真はボケボケですが、肉眼ではもうちょっとクリアに見えます。

f:id:go_kuma:20141110225347j:plain

f:id:go_kuma:20141110225657j:plain

f:id:go_kuma:20141110225704j:plain

f:id:go_kuma:20141110225719j:plain

 最後のオレンジ色の人はトッキュウ6号で、交通整理の人じゃありません。手に持ってるのはユウドウブレイカーという誘導灯を模した武器です。このユウドウブレイカーのおもちゃも税込4000円くらいするので、普通の誘導灯を買おうかと思ったことがありますがやめときました。

 結局、イエローとピンクのサービスショットは拝めませんでしたね(当たり前だ)。この写真撮るの、結構苦労しましたよ。小さな穴にiPhoneのレンズ合わせて、ちょっとでもずれると暗くなっちゃうし。ハッピーセットのおもちゃではよくあるギミックですが、お子様は楽しめるんじゃないでしょうか。うちの息子は一回見たきりですが……。

 ちゅーことで、次回は「バッジ入り トッキュウバックル」です。

 お楽しみに!!