ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

【ざっくり映画感想】君の名は。【うっすらネタバレ】

 仕事帰りのレイトショーで観てきましたので、忘れないうちに感想を書いてしまいます。

 僕は映画は好きですが、それほど数を観ているわけではありません。そういう前提を踏まえた上で、少ない知識を総動員して、この作品を構成している要素について語ってみたいと思います。

 まずタイトルの「君の名は。」ですが、これは昭和の古いラジオドラマを発祥とする、「真知子巻き」で一世を風靡した物語が元になっています。放送時間になると銭湯の女湯から人が消えたという伝説を残した作品です。橋の上で男女が出会う有名なシーンは、今回のアニメ作品にも出てきます。オマージュってやつですね。昔の映画では数寄屋橋の上だったそうですが、今はその数寄屋橋は残っていないそうです。ではあの橋は一体どこなんでしょう。東京の人ならわかるのかな。

 そう、この映画には実在する街の風景が出ているので、知っている人は「あ、ここあそこじゃん」となるシーンがたくさんあります。瀧(主人公の男子)が、三葉(主人公の女子)に会うため岐阜県の飛騨に向かう途中、新幹線で名古屋駅に降りるんですが、地元民の僕はそこでピクッとしました。名古屋メシの味噌カツ弁当も登場します。新幹線の車窓から見えた風力発電の風車も見覚えがあります。あとは三葉が東京へ向かうために乗る電車の方向幕(電車のおでこについてる行先表示)が「美濃太田」となっていたところにもピクッとしました。

 作品のキモとして、男女の意識が入れ替わるというアクシデントがありますが、これまた昭和の名作「転校生」が元ですね。「転校生」では男女が神社の石段を一緒に転げ落ちた拍子に意識が入れ替わるので、三葉の家が神社という設定はそこからきているのかも。知らんけど。「転校生」で、意識が入れ替わったことに気づいた男子(演じる小林聡美)がおもわず自分の胸を剝きだしてわしづかみにするシーンは衝撃的でした。瀧も三葉の体で目覚めるたびに胸をもみしだいてます。

 そんな瀧に怒る三葉も、瀧の体に入って目覚めたとき、“瀧自身”を触るシーンがあります。ちなみに男子高校生の一日は朝立ちから始まります。つまり、三葉が初めて触れた男性自身は、MAX状態の瀧自身だったわけです。僕の記憶では、三葉は少なくとも二回、瀧MAXに触れています。そのあと瀧の体に入った三葉がトイレに入るシーンがありますが、MAXの状態で用を足すのは、男子の体に慣れない女子には難しいのではないかと無駄な心配をしてしまいました。

 それから、この作品では男女の意識の入れ替わりと同時に、時間のズレも重要な要素になっています。最初は単に意識が入れ替わっているだけかと思いきや、二人の間には時間のズレもあったのです。このタイムリープ的要素が、物語を少々ややこしくしていて、それが結末に向かっていく過程を盛り上げる役割を果たしています。

 作品の中で繰り返し語られる「結い」という言葉。三葉が住む糸守町という架空の田舎町の伝統と神事。組紐が時空と縁、すなわち「結い」の象徴として描かれていますが、同時に東京の街を縦横に走る鉄道も、この「結い」を暗喩していて、物語の要所要所に鉄道のシーンが挿入されます。

 あと気になった点は、彗星が割れてたくさんの流れ星が落ちてくるシーン。糸守町を消滅させた隕石の描き方は、「ハウルの動く城」でカルシファーが落ちてくるシーンとそっくりです。隕石が落ちてくる瞬間を表現したあの音も。

 それに関連して、瀧と三葉がすれ違う電車の車窓からお互いを見つけた時、三葉がつけていたペンダントトップが星の形だったのは、彗星が二人を結びつけたという思いからでしょうか。

 毎度のことながらざっくりした感想ですが、「君の名は。」を観て気がついた点は以上です。先に観てきた知り合いの男子は、何が感動的なのかサッパリだと言ってましたが、タイムリープとかのSFチックな仕掛けがある程度わからないと、男子には面白くないかもな、と思います。その男子の近くに座っていた女子はラストで号泣していたそうです。

 これから観る人にアドヴァイスできるとしたら、この作品で最大限の感動を味わいたいなら「心を乙女にしろ!」ということです。この物語の主人公は三葉です。瀧は単なるマクガフィンだと言っても差し支えないでしょう。感情移入したければ、田舎の純朴はJKになるのが一番です。

 これまで新海誠監督の作品はいくつか観てきましたが、正直あまり面白いとは思いませんでした。しかし「君の名は。」はちゃんとストーリーが組み立てられていて、わかりやすい作品になっていると思います。こりゃヒットするのも無理ないわ、というのがこの作品に対する僕の評価です。

 もう一度言っておきましょう。

 「心を乙女にしろ!」

 

君の名は 総集篇 [DVD]

君の名は 総集篇 [DVD]

 

 

転校生 [DVD]

転校生 [DVD]

 

  

ハウルの動く城 [DVD]

ハウルの動く城 [DVD]

 

 

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

 

 

【久しぶり】ジェイソン・ボーン【映画の感想】少しネタバレるよ

 マット・デイモン主演、ボーンシリーズ5作目の「ジェイソン・ボーン」ざっくり感想文です。

 このシリーズは、1作目「ボーン・アイデンティティー」と2作目の「ボーン・スプレマシー」はテレビで観て、3作目の「ボーン・アルティメイタム」で初めて劇場で観ました。4作目の「ボーン・レガシー」は外伝みたいな話なので観ていません。

 とにかくアクションと陰謀、痛い、狡い、ハイテク、カーアクションがこれでもかと連続する映画です。これまでのシリーズを踏まえていないと、主人公のジェイソンに感情移入したりストーリーに入り込むのは難しいかも。前シリーズ3作を観た自分もちょっと話についていけてたかどうか、正直あやふやです。大筋はわかったけど、細かいところはわかってないかも。

 予告編では『<新章>始動』とか言ってますけども、こっからまた新たなシリーズが始まるんでしょうか。その割には今までのジェイソン・ボーンシリーズを踏襲する展開でした。そこはたぶん意識して作られてるんだろうなとは思います。

 まず、前作までジェイソンと関わりのあった女性が、新しい情報を持って現れますが、敵の襲撃であえなく死んでしまいます。怒ったジェイソンは彼女が伝えようとした真相の全貌を掴むべく、再び彼の古巣であるCIAとその周辺に接近を図る、という流れ。

 組織の秘密を守るため、ジェイソンを抹殺せんとするCIAのボス、世界中に張り巡らされた情報網と人員、そして彼を逆恨みするCIAの暗殺者。ハイテクと人海戦術で追いつめようとするものの、それを明晰な頭脳と強靭な肉体で切り抜けるジェイソン。常に命を狙われる極限の世界を、あの無表情な顔で淡々と渡り歩く主人公の強さにしびれますわ。

 CIAのボスを演じるトミー・リー・ジョーンズがまた悪そうなジジイなんですよこれが。そういう役だから当然なんだけど。あと暗殺者の人も、名前知らないけど他の映画で見たことあります。それもたしか悪役だった。CIA幹部の女優さんは知らない人。たぶん最近売れ筋の有名な人なんでしょう。

 初めのほうに出てくる元CIAの女の人、たしかシリーズ1作目から出てるんだけど、その頃と比べるとさすがにちょっと老けたかな~という感じですね。CIAを辞めて生活レベルが下がったっていう背景設定もあるんだろうけど。あー、だいぶおばさんになったなぁと思いました。

 アクション映画なので当然と言えば当然ですが、全体的にめまぐるしい。よく見てないと「え?いまどうなった?」ってなる。最後のほう、ラスベガスのカーチェイスなんてもうヤバい。おーいおいおい、それはあかんやろ、っていうシーンの連続。カーチェイスってだいたい、事件と無関係の車はぶつかりそうになってギリ止まるとか、ぶつかってもボンネット潰れるだけとか、半回転する程度とか、そんなんでしょ。今回はもうどんだけ死んでんの、っていうくらい無関係の車が吹っ飛ばされてます。暗殺者が運転する超頑丈な車に。

 あと、現実世界の話と少し絡めてたのは、CIAの人がスノーデンの名前をちょいちょい出してたとこね。暴露されたら大変な情報とか計画とかいろいろあるから。もうとにかく、CIAは悪い組織です。国家のためという名目の裏で、いくらでもえげつないことやってますよーっていう描かれ方。実際はどうなんですかね。やっててもおかしくはないと思いますけど。

 この後さらに新シリーズが続くのかどうかわかりませんが、できれば3部作くらいで続けて欲しいと思います。これまでのボーンシリーズを観てきた人間からすると、今作だけでは少し物足りないので。まだ観ていない人は、これを機にボーンシリーズに手を出してみてはいかがでしょうか。

 

ホーボーケン!

 アメリカはニュージャージー州ホーボーケン駅で列車が駅に突っ込んで死傷者多数というニュースを今朝の朝刊で見ました。

www.huffingtonpost.jp

 これ、笑っちゃいけないニュースなんだけど、つい笑ってしまいました。いえ、ニュース自体にはなにひとつ笑うところはないんです。本当に、この事故で人が亡くなったのは残念なことだし、早く原因を究明して再発防止策を講じるべきだと思います。でも、不謹慎は百も承知で笑ってしまいました。ペンギンズファンの方にはわかると思います。

www.nickjapan.com

 NHKなどで放送されて、私を含め多くのファンを持つニコロデオン製作のアニメ「ペンギンズfromマダガスカル」に、このホーボーケンという地名がたびたび登場します。ペンギンズの中では、非常に治安が悪く、まるで暴動が起きているような状態が日常の風景であるという設定です。そこにある動物園に集まる動物たちも、ペンギンズに仇なす悪者ばかり。街の中にごみの山が出てくる話もあります。

 ホーボーケンがなぜそのような描かれ方をしているのか……今回のニュースをきっかけに調べてみたところ、ヤホー知恵袋で詳しく解説されていたので紹介します。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 アメリカの歴史の中でいろいろあって、決して行きたくないひどい場所の代名詞のように言われているわけですね。僕も初めて見た時は、まさか実在の地名とは思いませんでした。だって実在する街をあからさまにディスるような描写は、日本じゃ許されないでしょう。市長がBPOに抗議する案件ですよ。

 ペンギンズのあるエピソードで、ニュース番組のリポーターがホーボーケンから中継するシーンがあります。街の通りにはあちこちに火の手が上がり、人々が叫びながら走り回っています。横から近づいてきた街の住人に、リポーターがごついスパナを振りかざして「あっちへ行きなさい!」みたいなことを言います。スタジオのキャスターは「ひどい暴動が起きていますね」と言いますが、リポーターは「これがホーボーケンの日常ですよ」と答えます。

 これを日本の群馬とかでやったらどうでしょう。まず間違いなく苦情が入りますよね。ただでさえ人口流出に悩んでいるのに、こんな風に描かれて誤解が広まったら、人が来なくなるどころかますます減るじゃねえか!という具合に。アメリカでは何も言われないんでしょうか。ホーボーケンの市長は平気なんでしょうか。ジョークが通用するお国柄ってことですかね。あ、だけど日本でも「翔んで埼玉」っていう魔夜峰央の埼玉ディスり漫画が話題になったっけ。読んだことないけど。

 ところで、アメリカで「ホーボーケン」なんて耳慣れない響きだと思いますが、たぶんネイティブアメリカンの言葉からきていると想像します。アイヌの言葉からきている北海道の地名と似たようなもんでしょう。

 現在は都会に近いわりには静かで暮らしやすい街ということなので、地獄の一丁目というイメージも今は昔。日本でいうと、サンマは目黒に限る、みたいなことですね。違うか。

 ホーボーケンと並んでペンギンズの中でよく出てくるのがデンマーク。ペンギンズの隊長が、かつて宿敵のツノメドリが起こした「コペンハーゲン事件」によってデンマーク国民を敵に回したとかいうもっともらしい設定で、決して行きたがらない国ですが、今度何かのニュースでデンマークあるいはコペンハーゲンを見かけたら、その内容に関わらずきっとまたペンギンズのことを思い出してちょっと笑ってしまうことでしょう。そしてまたこのブログでデンマークあるいはコペンハーゲンについて書くかもしれません。書かないかもしれません。

 とにかくペンギンズは面白いので、ドタバタコメディが好きな人は一見の価値ありです。今回のホーボーケンのようにアメリカの歴史について勉強になったりもします。有名な映画のパロディや、とんちの利いたジョークも満載。ぜひ一度お試しあれ。