ペンデュミオンの螺旋

なんでもかんでも思いつきだけで好き勝手に書いています

スポンサードリンク

あちゃー!おちゃー!ゴキブリ茶!

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20181111224520p:plain

さよならに微笑むほど強くない 私はまだ

少し時を置いて 自分を知りたい

 家に帰って、晩御飯を食べてから、スプラトゥーン2をやりました。息子氏は動画に夢中でゲームをやる気がなかったようなので。

 今日の午後3時まで開催されていたゲーム内イベント「フェス」の結果発表がありました。今回のお題は「ポッキーvs極細ポッキー」でした。買ったのは極細陣営。私も極細に投票したので、スーパーサザエというアイテムを9個もらいました。

 息子氏も極細に投票して同じ陣営だったので、勝利を祝して極細ポッキーを2人で分けて食べました。

 極細ポッキーを食べながらゲームをプレイしました。手元にお茶を置いて、時々口を潤しながら、激しいバトルを何度か乗り切った後のこと。お茶が残り半分以下になったマグカップをのぞき込むと、なにやら黒っぽいものが浮かんでいます。

 お茶っ葉かな。でも細長いな。茶柱かな。あれ、でもこのお茶は最初からティーバッグに入ってるタイプのルイボスティーだから、お茶っ葉とか茶柱が入るわけないよな。

 その、やけに黒っぽい茶柱には、細い足が何本か生えていて、激しく動いています。ふーん。最近の茶柱には足が生えてるんだ。しかも動くんだ。

 えっ?いやいやいや。まさかね。でもよく見ると、茶柱にしては平たいし、なんて言うか、お腹に節がある。あ、お腹って言っちゃった。

 え?ああ、なんかすごい必死に泳いでるね。背泳ぎ。脚をバタバタさせて、お茶の水面をくるくる回ってる。

 ははっ、なんだゴキブリじゃん。茶柱じゃなくてゴキブリだった。

 はぁ~あ。なんでこんなに落ち着いてるんだろう自分。

 なんだかもう、乾いた苦笑しか湧いてきません。

 もっと、うわぁ!とか、ぎゃー!とか騒ぐ場面じゃないのかと思いきや、全然冷静。不思議なほど冷静沈着。

 いつから?いつからそこにいた?さっきお茶を注いだ時にはいなかったよね?

 え、いた?最初からそこに住んでた?マグカップに?一番くじで当たった、ギレン総帥のマグカップに?嘘でしょ?俺がお茶飲んでる間、ずっとそこで泳いでた?マジで?へぇ~、そうなんだ。

 しかたなく、残りのお茶は捨てて、小さなゴキブリはティッシュに丸めてくずかごに。

 苦笑いの後、ふっと遠くを見つめてしまいました。秋空の下、ススキの穂がたなびく野原を、赤とんぼを追いかけて走り回った幼少期を思い出すかのように、遠い目をしていました。なんだろう、この、やるせない気持ち。

 人生で初めての体験、ゴキブリ茶。

 ということで、本日もお粗末さまでした。

「燃える!お兄さん」 ROUND1
 
AMAZING BREAK(TVアニメ「テラフォーマーズ」オープニングテーマ)

AMAZING BREAK(TVアニメ「テラフォーマーズ」オープニングテーマ)

 
ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 100個入