ペンデュミオンの螺旋

なんでもかんでも思いつきだけで好き勝手に書いています

スポンサードリンク

【スプラトゥーン2】ガチマッチでウデマエが飛び級したので嬉しかったです【小並感】

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20181029224122p:plain

きなへんざごん ねのん いりよう

みりまみりまほうこう

こうちゃいちゃいちゃい  

 昨日は休みだったので、久しぶりに息子氏と交代でスプラトゥーン2をプレイしました。

 最初はレギュラーマッチ、次にガチマッチをやりました。

 ルールはガチホコシャチホコ様の物体を相手ゴールまで運ぶと勝利、というルールです。

 スプラトゥーンは4人1組で戦う戦闘ゲームです。軍隊で使われる「小隊」という意味のプラトゥーンが名前の元になっています。4人1組というと、SAS(イギリス特殊空挺部隊)でおなじみの(?)フォーマンセルというやつですね。

 ただしこのゲーム、オンライン対戦で赤の他人が謎ルールで勝手にチームを組まされて、いきなり戦場に放り込まれるという恐ろしい遊びです。意思疎通もままならない状態で、複雑な地形のエリアを動き回りながら、味方と敵の双方の動きを見ながら行動しないと、なかなか勝利には繋がりません。

 一応、ボタン操作で「ナイス」「カモン」「やられた」などのメッセージを発することはできますが、他のメンバーがどの程度それを気にしているのかはわかりません。私のようなヘタレ初心者は、とにかくやられないように、そしてできれば多くの敵を倒してポイントを稼ぎたい、という自分勝手な動機で動きますので、ろくに周りの動きを見ないで単独行動に走りがちです。そしてすぐやられる。

 勝てるとすれば、たまたま同じチームになったメンバーが強者揃いだったときくらいです。私と同レベルの弱いメンバー同士で組まされると、どんだけがんばっても勝てません。

 それが、昨日のガチマッチで勝利したとき、ウデマエランクがC-(Cマイナス)からC+(Cプラス)に飛び級したのです。通常はC-の次はCになり、その次にC+になるのですが、Cを飛ばしてC+になりました。ウェーイ。

 最初はそんなルールも知らず、なんでいきなりC+になったのかと騒いでいたら、息子氏が教えてくれました。「ウデマエが強いって信用されたらそういうこともあるんだよ」って。へぇ~そうなの。誰に信用されるの?ってそりゃゲームシステムだよね。よくわからんけど。

 公式のツイートによると

ウデマエに対してガチパワーが高い場合、次にウデマエメーターがいっぱいになった時に、そのガチパワーにふさわしいウデマエへの飛び級が発生することがあります。

 だそうです。サッパリわかりません。ガチパワーがどこで見られるのかも知りません。

 まぁなんだかよくわからないけど、飛び級ってのは嬉しいです。現実では経験したことありませんからね。子どもの頃、習字もそろばんも数カ月で辞めた人間ですから。息子氏にも、少しはお父さんのいいところを見せられたかなと思います。

 ということで、本日もお粗末さまでした。

SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)

SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)

 
バーバー: 弦楽のためのアダージョ Op.11

バーバー: 弦楽のためのアダージョ Op.11