ペンデュミオンの螺旋

なんでもかんでも思いつきだけで好き勝手に書いています

スポンサードリンク

【お出かけ】岐阜かかみがはら航空宇宙博物館 Part3【写真】

このエントリーをはてなブックマークに追加

www.sorahaku.net

 

何のために己を断って

魂だけが帰り来るの?

 

 空宙博レポート第3弾です。

 今回は、飛行機そのものより、細かい展示物を見ていきます。

 こちらは零戦や飛燕の展示スペースにあった飛行服。「永遠の0」って感じですね。観たことないけど。

f:id:go_kuma:20181010220723j:plain

 これは飛行機のエンジン。どの機体のエンジンだったか忘れました。忘れたっていうか、説明版を読んでいないのでわかりません。零戦かな。(適当)

f:id:go_kuma:20181010220854j:plain

 これは飛燕に搭載されたエンジン「川崎 ハ140」。これ単体でスチームパンクな飛行戦艦みたいな雰囲気があります。蒸気を吐きながら飛んでほしい。

f:id:go_kuma:20181010222628j:plain

 十二式艦上戦闘機零戦の試作機)の検討経過を記したノート。こんな資料が残ってるんですね。

f:id:go_kuma:20181010222844j:plain

 格納庫の展示スペースにあった戦闘ヘリのモックアップ(実物大模型)。木製です。木目が見えて工芸品みたいです。インテリアとしてお部屋には飾れない。

f:id:go_kuma:20181010221022j:plain

 「電子機器アクセスパネル」とか、テプラで作った表示が貼ってありました。手作り感。

f:id:go_kuma:20181010221154j:plain

 ジェットエンジンのカットモデル。これもスチームパンク感ありますねぇ。こういうごちゃごちゃしたメカ大好き。

f:id:go_kuma:20181010221723j:plain

 これもジェットエンジン。わりと小さくて、全長2mくらい。

f:id:go_kuma:20181010222936j:plain

 これは風洞実験用の模型。いろんなパーツを組み替えて、どんな空力特性が出るか試せるようになっています。風洞実験をしながら、燃料タンクみたいなパーツを切り離す仕組みがあって、中に回路が仕込んであるのが見えます。

f:id:go_kuma:20181010221819j:plain

 というわけで、今回はここまで。次回は2階の宇宙関連の展示を紹介します。

 では本日もお粗末さまでした。

蛍

 

 

ヴィジュアル大全スチームパンク: 歴史・文化・未来

ヴィジュアル大全スチームパンク: 歴史・文化・未来

 

 

キングジム ラベルライター テプラPRO SR250 ダークグレー

キングジム ラベルライター テプラPRO SR250 ダークグレー