ペンデュミオンの螺旋

なんでもかんでも思いつきだけで好き勝手に書いています

スポンサードリンク

「スカイハイ」から「サマーサスピション」に繋がって「デンジャラス・アイズ」になる

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180221223944p:plain

 

僕と誰を くらべてるの

つのるジェラシーに 灼かれて

 

 

gokumatrix.hateblo.jp

 

  「龍拳」を観てから、懐かしいジャッキー・チェンの映画の主題歌を聴くのにハマっています。

 現在、iPhoneのプレイリストに入っているのはこちらの曲。

1.「拳法混乱(カンフージョン)」四人囃子/「酔拳」より

2.「クレイジーモンキー」Dr.スープ/「笑拳」より

3.「モンキーマン」Dr.スープ/「笑拳」より

4.「ミラクル・ガイ」謝花義哲/「少林寺木人拳」より

5.「ドラゴン・フィスト」小清水ミツル/「龍拳」より

6.「カンニング・モンキー」SHY/「天中拳」より

7.「デンジャラス・アイズ」小清水ミツル/「蛇鶴八拳」より

 最後の「デンジャラス・アイズ」は、「蛇鶴八拳」日本公開版(1983年)のオリジナル主題歌です。作曲は林哲司。70年代から数多くのヒット曲を作った大御所です。

 「悲しい色やね」(上田正樹)、「北ウイング」(中森明菜)、「ふたりの夏物語」(杉山清貴&オメガトライブ)と、70年前後の生まれなら知らない人はいないヒット曲をいくつも手掛けています。

 ごくまの青春期、心の琴線に触れた曲も数多く、「セプテンバー」(竹内まりや)、「1ダースの言い訳」(稲垣潤一)、「悲しみがとまらない」(杏里)、「もう逢えないかもしれない」(菊池桃子)、「サマー・サスピション」(杉山清貴&オメガトライブ)などなど。

 アニメだと「Dang Dang 気になる」(美味しんぼ)、「異次元ストーリー」(夢戦士ウイングマン)、「パジャマ・じゃまだ」(うる星やつら)、あたりがど真ん中です。

 「デンジャラス・アイズ」の話に戻ると、この曲の頭は「スカイハイ」(ジグソー/1975)によく似ていて、途中から「サマー・サスピション」(前出)に変わります。「スカイハイ」は、ミル・マスカラスの入場曲と言えばわかる人もいるのではないでしょうか。

 YouTubeの動画のコメントにも、全く同じことを書いている人がいて、やっぱそうだよねと思いました。

 全体的に「どっかで聴いたような」感じのする曲に仕上がっているんですよ。当時のヒット曲を巧みに(?)組み合わせて作られた、名パク……ゲフンゲフン……えっと、名曲です。

 というわけで、ジャッキーに憧れて、ひとり黙々と腕立て腹筋に勤しんだ中学生時代を思い出しながら、ジャッキー映画の主題歌を聴いている今日この頃です。

 では本日もお粗末さまでした。

スカイ・ハイ(オリジナル・バージョン)

スカイ・ハイ(オリジナル・バージョン)

 

 

杉山清貴&オメガトライブ ゴールデン☆ベスト

杉山清貴&オメガトライブ ゴールデン☆ベスト

 

 

東映映画ジャッキー・チェン予告編,主題歌集

東映映画ジャッキー・チェン予告編,主題歌集