ペンデュミオンの螺旋

なんでもかんでも思いつきだけで好き勝手に書いています

スポンサードリンク

岐阜県各務原市の世界淡水魚園水族館「アクア・トトぎふ」に行ってきました Part-3 「神秘のメコンデルタ編」

このエントリーをはてなブックマークに追加

aquatotto.com

 

鉄砲が今日も無鉄砲なふりで

鉄砲が今日も静かに笑ってる

 

 アクア・トトぎふ、手抜きエントリー第3弾です。写真ばかりだと楽です。

 ここからは世界の淡水魚が登場します。今回はメコン川流域に生息する魚たち。この写真の手前に赤っぽい影が見えますが、これは奥のでかい魚の体表についているゴミか何かを食べているようです。コバンザメ的なやつですね。

f:id:go_kuma:20180824193504j:plain

 熱心にお掃除お掃除。というか食事。でかいほうの魚はなすがまま。

f:id:go_kuma:20180824193524j:plain

 今度は反対側に回ってアクロバティックに。そこまでして?でかいほうの魚の無表情が、なんとも言えない風情を醸しています。

f:id:go_kuma:20180824193542j:plain

 これはメコンオオナマズ。1.5mくらいあります。

f:id:go_kuma:20180824193556j:plain

 いろんな魚がごちゃごちゃしていますが、真ん中にスケルトンな魚がいます。奥の白い魚が透けて見える。透けるとん。背骨も丸見え。

f:id:go_kuma:20180824193613j:plain

 透明な魚が群れています。これもナマズの仲間らしく、ヒゲが生えてます。

f:id:go_kuma:20180824193628j:plain

 はい、こちらは有名なテッポウウオさん。テッポウを撃つところは見られませんでした。エサは何をやってるんでしょうね。

f:id:go_kuma:20180824193641j:plain

 大小さまざまな魚がいますが、でっかい魚を見るとテンション上がります。

 でも実際、そこらへんの川に1m超えのでかい魚がうようよいたら、怖くて入れません。次回はさらにデカい魚がいるアマゾン川流域の魚たちをご紹介。

 では本日もお粗末様でした。

Singles 1990-1993

Singles 1990-1993

 

 

ポーズスケルトン ヒト (1)

ポーズスケルトン ヒト (1)