ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

夏バテをぶっとばせ!る、かもしれない、パワーアップスープ

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180729220559p:plain

 

TOMATO

真っ赤なハート

あなたと太陽に照らされ 可愛くおいしくなるの

 

 台風一過。とはいえ、あまりすっきりしない天候で、ときどき西のほうから積乱雲が流れてきては、短時間の土砂降りがある、ということを何度か繰り返した一日でした。幸いにも土砂降りの時はだいたい屋内にいて、濡れることはありませんでした。

 数日前までの厳しい暑さで、冷たいものをガンガン飲んでいたので、胃腸が弱り気味です。基本的に夏場でもあまり冷たいものは飲まないほうなのですが、今年は仕事環境が少し変わったこともあって、猛烈に汗だくになることが多いので、ついつい飲み過ぎてしまいました。いわゆる夏バテです。それでも、熱中症になるよりはマシかな。

 夏バテになった時、たまに作るのが、ごくま流パワーアップスープです。今日はその作り方を書きますが、夏バテ解消の効果を保証するものではありません。あくまで個人的に、これは効く!と思っているだけで、万人に通用するものではありませんので悪しからず。しかも、あまり美味しくありません。料理の得意な人なら、いくらでもアレンジして美味しく仕上げることができると思います。

 まず材料。分量は適当です。

 ・キャベツ 1/4個

 ・トマト 大1個

 ・セロリ 一束(2本か3本)

 ・パプリカ 1個 または ピーマン2~3個

 ・ニンジン 1本

 ・鶏挽肉(ムネ・ササミ) 小パック(何グラム入りか忘れました)

 ・ニンニク 3片

 ・ショウガ 3片

 ・コンソメ(顆粒)、塩、黒コショウ 適量

 キャベツ、トマト、ニンジン、パプリカは1~2cm大の四角に、セロリは5mmくらいの幅でザクザク切ります。ニンニクは薄めの輪切り、ショウガは細切りです。

 切った材料を全部鍋に投入します。その状態で鍋の半分くらいまで水を入れて、中火にかけます。沸騰したら弱火にして、コンソメを入れます。材料が柔らかくなって体積が縮んできたら、挽肉を入れて、混ぜます。

 挽肉が白くなって、全体に火が通ったら、塩を入れながら味を調整します。ちょっとコクを出すために醤油を足します。だいたい味が整ったら、黒コショウをガリガリと入れます。

 それからもう少し煮詰めて、火を止めます。最初は粗削りな味ですが、一晩寝かせるとあ~ら不思議、全体に味が馴染んで、まろやかに仕上がります。ただしニンニクとショウガが入っているので、基本はピリッとした味です。

 味付けはコンソメ以外でも、味覇(ウェイパー)でも鶏ガラスープの素でも大丈夫。

 このスープは、数年前にネットで知ったダイエットスープのレシピに、自己流のアレンジを加えたものです。元のレシピは忘れてしまいましたが、検索すれば出てくるでしょう。ダイエットスープに興味のある方はそっちを調べてみてください。

 ショウガで体を温め、ニンニクでスタミナをつける、ダブル効果のパワーアップスープ。キャベツはお腹にいいし、セロリはビタミン豊富。トマトはリコピン、ニンジンは……なんだっけ。ニンジンもビタミンか。βカロテン(ビタミンA)ですね。鶏ムネとササミの挽肉は脂肪少なめのタンパク質。もはやパワーアップしない理由が見つかりません。

 夏バテで体重が落ちてきたので、この勢いに乗って更に脂肪を落とすため、朝晩はこのスープだけで過ごします。全部食べ切るまで。

 元々は、実家やご近所からいただく大量のトマトをいかに消費しようかと考えて、このスープを作ることにしました。7月に入ってからというもの、毎日毎日朝晩トマトを食べ続けてきましたが、さすがに飽きました。しかし当初の予定と違って、思ったほどトマトを使わなかったので、次回は分量を変えて、トマトをメインに据えたスープにしようと思います。

 トマトをミキサーにかけて、水を使わずにスープを作ってもいいかもしれませんね。

 ということで、夏が終わるまではトマト生活が続く我が家です。我が家っていうか、嫁さんも息子氏もトマトを食べないので、私一人で食べてるんですけど。美味しいのになー。

 では本日も、お粗末様でした。

TOMATO

TOMATO

 

 

セロリ

セロリ

 

 

パプリカ オリジナルサウンドトラック

パプリカ オリジナルサウンドトラック