ペンデュミオンの螺旋

廻る廻る廻る廻る廻る 僕はお寿司さ

スポンサードリンク

【ラジオ番組】レジェンド声優・小山茉美さん降臨【アニソンアカデミー2018年7月21日】

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180725220824p:plain

 

天使の羽は ないけれど

夢が心に あふれていれば

 

 先週土曜日のアニソンアカデミー。ゲストは”あの”レジェンド声優、小山茉美さんでした。1970年~80年代をアニメばかり見て過ごした私には、彼女の出ていないアニメはないのではないか?と思えるくらい多くのアニメに出演されている、超ベテラン声優さんです。

 彼女の声を初めて聴いたのは、おそらく『一休さん』の桔梗屋弥生役。しかしこの役は番組でも語っていたように、まだ新人だった彼女は、技量が足りなかったのか、途中で強制的に降板させられたそうです。おそらく、というのは、一休さんは第1回からリアルタイムで見ていたので、彼女の声を聞いているはずですが、私の記憶にある弥生さんの声は、吉田理保子さんなんです。

 その後、代表作である『Dr.スランプ アラレちゃん』のアラレ役で人気声優として名を馳せるまで、数々の作品に出演しています。私はそのほとんどをリアルタイムで観ていたので、間違いなく彼女の声を聞いているはずですが、まだ幼かったこともあり、声優の声というものを意識することはありませんでした。

 私が姉の影響でアニメオタクの世界に傾き始めた1980年代から、アラレちゃんの声の人が、他のいろんな作品に出て、いろんな役を演じているのだ、ということを知りました。私がアニメオタクの中でも声優ファンの傾向を強めた要因として、彼女の存在は外せないでしょう。

 番組中では、70年代~80年代の懐かしいアニソンが流れました。その中でも『魔法のプリンセス ミンキーモモ』のエンディング「ミンキーステッキドリミンパ」は、私の中で強く印象に残っている曲です。

 当時、中学男子だった私は、女の子向けのアニメであるミンキーモモにはあまり興味がありませんでした。ただ、日曜の朝(東海テレビ)に他のアニメを観た後、暇だから流れで観る、みたいな感じだったと思います。なので、最初から通して観たわけではなく、たまに観る程度の作品でした。

 その、たまに観るだけのミンキーモモで、たまたま最終回を観ちゃったんですよ。交通事故に遭ってモモが死んじゃう回。いやいやいや、ちょっと待ってなにこれ。怖い怖い。と思ったのを覚えています。主人公が死ぬっていうその衝撃が強くて、他の内容はほぼ記憶にないんですけど、日曜の朝からドン引きして暗澹たる気持ちになったことが記憶に残っています。

 それで、暗澹たる気持ちのまま、エンディングを聴いてたと思うんですよ。サビのマイナーコードが心に刺さったんでしょうね。ミンキーモモっていうと、オープニングよりエンディングの『ミンキーステッキドリミンパ』が思い出されます。

 さて、この曲を思い出す時、なぜか途中で勝手に繋がってくる曲があります。『がんばれロボコン』と『仮面ライダーV3』です。なぜ?と聞かれてもわかりません。脳内で勝手に編集されて再生されるからです。その繋がり方はこんな感じ。

 

(ミンキーステッキドリミンパ)

ピピルマピピルマプリリンパ

ドッキンハートにまばたきショット~

(がんばれロボコン

おいら~はロボット~ロボットだ~け~ど~

思いこんだら命がけ~

仮面ライダーV3

敵は~地獄の~デーストーローンー

戦う~正義の~仮面ライダーブイスリ~

 

 っていう流れです。コード進行が繋がり易いんでしょうか。音楽に関しては素人なので細かいことはわかりませんが、この3曲はすごく自然に繋がるんですよね。自分の中では。強いて言うなら「ミンキーステッキがんばれV3」コンボ、とでも名付けましょうか。他にも別々の曲が繋がるパターンはいくつかあるんですが、すぐには思い出せないです。何かのきっかけで勝手に脳内再生されるので、その時だけ思い出します。

 こういう曲の繋がりをネタにしている芸人さんもいますよね。誰だったか思い出せないけど。最近いろいろ思い出せないことが多い。

 とにかくそういうわけで、ミンキーステッキがんばれV3の話でした。小山茉美さんはどこいった。

 本日もお粗末様でした!

 

「がんばれ!!ロボコン」SONG&BGM COLLECTION

「がんばれ!!ロボコン」SONG&BGM COLLECTION