ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

死者と生者

このエントリーをはてなブックマークに追加

 はてブホッテントリ上位9記事までが、某有名ブロガーさんの刺殺事件に絡んだ内容である。

 悲しみの声、怒りの声、嘲りの声、恐怖の声、貶す声。様々な感情や考えが、あの事件をきっかけに噴出している。

 大勢の人が、この事件について語り、故人の思い出や人となりを語り、功罪を語っている。

 しかしながら、どんな声も死者には届かない。

 これらの声は、生者の間を反響しながら、徐々にネットの底に沈んでいく。

 

 この事件から、何か学ぶことはあるだろうか。

 おそらくは、何もない。

 この事件を受けて、何かが変わったり、変わらなかったりするだろう。

 それは対策であって、学びではない。

 学ぶことがないというよりは、学べないだろう。

 状況が特殊だからだ。

 そして同時に、原因がありふれているからだ。

 彼の死は無駄だったのか。そんな問いは無意味だ。

 人の死に意味があるとかないとかは、生者の都合で決めることだ。

 死者には何の関係もない。

 

 死は絶対だ。意味や価値といった相対的なものとは相容れない。

 学歴、地位、財産、職業、身長、容姿、なにひとつ関係なく、平等に訪れる。例外はない。

 生きることは死と隣り合わせだ。

 つまり、生者はみな平等ということなのだ。

 ネットで注目を集める人気ブロガーであろうと、世間の片隅に追いやられ、忘れられた人間であろうと、死の前において等しく生者なのだ。

 あらためて、人が殺し、殺されることの無意味さを思わずにはいられない。