ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

日本モンキーパークのGO!GO!バナナコースターでエンタメに情熱を傾けるおじさん

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180609221842p:plain

 

 I'm your Venus, I'm your fire. At your desire.

 

 今日は、先月から息子氏を連れて遊びに行く予定を立てていて、休みを取った日でした。一昨日までは、天気予報で雨だったので、今回は残念ながら延期かなぁと思っていましたが、昨日の天気予報では晴れのち雨。

 せっかくこの日のために休みを取ったので、少しくらい雨に降られる覚悟で出かけるつもりでした。それが、今日になって蓋を開けてみればまさかの晴天。ひさびさに息子氏の晴れ男パワーを見た気がします。

 当初は、たとえ曇りでも、雨さえ降らなければいいか、むしろ曇っていたほうが暑さが和らいで好都合かなと思っていたのですが、これでもかの晴天。外を出歩くのが辛いほどの暑さでした。それでもまだ日陰に入れば風が涼しかったです。

 しかし、モンキーパークに限った話ではありませんが、遊園地というところは日陰が少ない。アトラクションの待ち時間で並ぶと、そこはもう灼熱地獄です。とはいっても、並ぶほど混雑するアトラクションはほとんどありませんでしたが。そこが田舎の寂れた遊園地のいいところです。

 

www.japan-monkeypark.jp

 

 さて、私自身も幼少期はお世話になったモンキーパークですが、息子氏が2~3歳の頃から、ほぼ毎年のように年一で遊びに行っています。今回はイベントとして、アトラクションで遊ぶごとにスタンプを押してもらうビンゴゲームをやっていました。揃えたビンゴの数に応じて景品がもらえるというので、乗り放題チケットを買ってはりきっていろんなアトラクションに乗りまくりました。

 その中で、数年ぶりに乗ったアトラクション、それが「GO!GO!バナナコースター」です。子ども向けの(といってもここのアトラクションはほぼ子ども向けですが)短いコースターで、スタートして十数秒で終わる、起伏の少ないコースターです。

 このアトラクションを受けもっている係のおじさんが、おそらくバナナコースターの固定スタッフで、数年前に息子氏と乗った時にも同じ人でした。なぜ覚えていたかというと、スタート前にマイクで合図をして、掛け声を出すからです。

 「スタート前にせ~ので合図しますから、大きな声でGO!GO!と言ってください、元気にスタートします!お兄ちゃんいい?そっちのお兄ちゃんも、頼むよ!」という前振りがあって「それじゃせ~の!GO!GO!はい、いってらっしゃい!」という具合にみんなで「GO!GO!」と掛け声をかけてスタートします。

 モンキーパークにたくさんあるアトラクションの中で、これだけ元気にエンターテインメントを演出してくれるスタッフは他にいません。スタッフのほとんどは高齢者で、現役を引退して、暇つぶしに働いてるんだろうなという感じのおじさんおばさんばかり。その中にあって、このバナナコースターのおじさんだけは「俺はまだ現役で仕事をしているんだ」という意気込みと、自分の仕事への愛と誇りを感じます。

 年をとっても、どんな仕事をしていても、自分がしていることに愛と誇りを持てるということは素晴らしい。できれば私もそういう高齢者になりたいと、こっそり思いました。

 ところでビンゴゲームのほうですが、がんばって暑い中をあちこち移動し、20以上のアトラクションに乗ってスタンプを集め、やっとの思いでコンプリートしました。どんな景品がもらえるのかと楽しみにしながらイベントカウンターに行きました。

 そしたらビンゴカード1枚につき、もらったのはお菓子が3個。息子氏と私の分で合計6個。選べるのはクッキーかラムネだけだったので、クッキー3枚とラムネ3袋をもらいました。

 どうりで景品の内容がカードに書いてなかったわけだ。あれだけ乗って、もらえるのがクッキーかラムネしかないとわかってたら、誰もやらないよ。割に合わないもん。ショボい。ショボすぎるよ。

 ではまた!

 

Venus

Venus

 

 

 

おかしなバナナ 30秒でまるごとバナナジュース 熟れ熟れ黄バナナカラー

おかしなバナナ 30秒でまるごとバナナジュース 熟れ熟れ黄バナナカラー