ペンデュミオンの螺旋

廻る廻る廻る廻る廻る 僕はお寿司さ

スポンサードリンク

無理にプラスに持っていこうとしないで、マイナスならマイナスのまま様子を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180328223810p:plain

 また考えすぎのムシがじわりじわりと湧いてくるごくまです。

 今日はとても微妙な心の調整を繰り返す一日でした。

 来月の資金繰りを考えるとすごく心が重たくなって、どうにもならないことだけど、頭の中はどうしようどうしようとグルグルマイナス思考が渦を巻く嵐のような状態。

 どうしようもないけど、どうにかしなきゃという焦りで、嫌な汗をかく。やる気を出すどころの騒ぎじゃない。

 でも、気がつくと妙に気分が落ち着いているというか、気持ちが現実に負けていない。さっきまであんだけマイナス思考に支配されていたのに、いつの間にかそれが消えている。プラスになったわけではなくて、マイナスではなくなった感じ。プラマイゼロみたいな?

 ゼロになったことに気づいたので、これはチャンスとプラス思考に持っていこうという意識が生まれるのですが、どうもそれは無理なようです。なんというか、せっかくゼロに戻ったのだから、これ幸いとプラスに持っていこうとすると、また心のバランスが崩れそうな予感がしたのです。心のどこかに無理な負荷がかかっているような感覚。

 プラスに持っていこうとすると、バランスが崩れてまたマイナスに振り戻されてしまう。これはいかん。無理は禁物だ。

 来月のことを考える→あかん!もう無理!→辛い→苦しい→耐える→ゼロ→よっしゃプラスに考えよう→やっぱりダメだ

 という流れを何度か繰り返すうちに、ゼロから動かないコツを掴んできたような気がします。辛い気持ちが湧いてきたら、それをどうにかしようとせず、しばらく見守る。そうすると、辛さが自然に解消されていき、気持ちがニュートラルに戻ります。

 辛く苦しい気持ちに抵抗せず、むしろその辛い感覚に集中すると、ある瞬間に心の中で「くわっ!」と何かが起きて、辛さが消え失せます。これはある種の瞑想の効果なのかな。瞑想といっても自分の心理状態を集中的に観察するだけですが。すごく感覚的なことで説明できないけど、たぶん何らかのコツがある。

 追い詰められている現実には何も変わりない。でも気持ち的にかなり楽になります。ある意味どうにでもなれという諦めと、どうにかなってもどうということはない、という妙な安心感。身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ的な?浮かぶ保証はありませんけど。沈むならばそれもまた一興、という感じかな?

 まぁとにかく今日は、マイナスからゼロにもっていってプラスにしないという気持ちのコントロールを掴んだ日でした。

 社会的には落伍者になるかもしれない。でも俺は潰れないぞ。気持ちが負けなければ、どうにでも生きていける。しょせん無一物で生まれてきたんだもの。すべて失ったとしても、ふりだしに戻るだけのことさね。

 という覚悟が、果たしていつまで持つことやら……。明日にはまた不安にうろたえてるかもしれませんね。

 ではまた!

ZERO

ZERO

 

  

 

ゼロ 日本語版

ゼロ 日本語版