ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

形から入り、形だけで終わる。それもまた一興よな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180312221100p:plain

 どうも、一興去って一難去ってまたごくまです。

 知り合いから聞いた話。

 その人の職場では、月に一度ボーリング大会、というか大会と言うほどのものではないけど、職場のみんなで集まってボーリングをやるそうです。

 そのボーリングの集いに、20代半ばの後輩が参加してきたのですが、なんとその彼はマイグローブにマイシューズ、マイボールまで、一式をボウリングバッグに詰めてやってきたそうです。

 ここまでボーリングに気合が入った人も、今どきの若者には珍しい。そう思って、どのくらいの腕前なのか興味津々で、職場の他の人たちも、彼がどんなスコアを叩き出すのか、そのプレイを見守っていたそうです。

 結果、3ゲームのアベレージは90点台。

 知り合いの人は、ボウリングをやると足の脛が筋肉痛になるそうで、その翌日も脛が痛くなって、職場でその話をしていると、マイボールの彼が

 「先輩、それは軸足のスライドがうまくいってないんスよ」

 とアドバイスしてきたそうです。

 いや、お前に言われたくねぇよ!

 その場の全員から総ツッコミが入りました。

 聞くと、その後輩の彼はいろんなことに手を出していますが、どれもそこそこ高い道具を一式揃えていて、どれも大した腕ではないとのことでした。

 他人の評価はどうあれ、道具を揃えてその気になることが楽しいなら、それはそれで結構なことではないかなと思います。ある意味、キャラが立ってますよね。まぁ、知ったかぶってアドバイスしてくるのはウザいかもしれませんけど。

 ではまた!