ペンデュミオンの螺旋

なんでもかんでも思いつきだけで好き勝手に書いています

スポンサードリンク

ゴワッパー5ゴーダムとゴレンジャーの関連について考察する

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180114224526p:plain

 先日の記事で『ゴワッパー5ゴーダム』のことについて書きました。

 その中で、ゴーダムの企画段階のタイトルが「アバレンジャー」だった、ということが、Wikipediaで調べて判明しました。

 「アバレンジャー」といえば、スーパー戦隊シリーズ27作目の『爆竜戦隊アバレンジャー』が思い出されますが、ゴーダムとの関連は全くないそうです。時代が違いますからね。

 さて、スーパー戦隊といえば、その始祖である『秘密戦隊ゴレンジャー』が、ゴーダムが放映される1年前の1975年に始まり、大ヒットを記録しています。あまりの人気に放送話数は84話を数え、視聴率は20%を超えたと言われています。

 ゴレンジャーの必殺技として有名な「ゴレンジャーハリケーン」は、初期のバレーボール型爆弾「ゴレンジャーストーム」からリニューアルした、アメフトボール型爆弾です。おや、アメフト?はて、最近アメフトがモチーフのアニメについて書いたような……

 なんと、ゴーダムじゃありませんか!ゴーダムに出てくる5人の少年少女は、みんなアメフトのユニフォームっぽいコスチュームを着ています。ヘルメットをかぶり、でかい肩パットの入った服で、ボトムはぴっちりしたタイツ。うん、アメフトだね。

 5人の戦士、そしてアメフト、さらに仮題が「アバレンジャー」……ゴワッパー5は、当時ヒットしていたゴレンジャーを意識した企画だったのではないでしょうか。あわよくばゴレンジャーのヒットに乗っかって、という意図もあったかもしれません。

 しょせんは私個人の勝手な想像なので、本当のところはわかりませんが、そこそこ説得力のある推理だと思いませんか?

 ロシア語のスノーヴィムゴーダム(あけましておめでとう)から、『ゴワッパー5ゴーダム』と『秘密戦隊ゴレンジャー』の関連性が見えてくるという、予想外の展開。

 いや~、Wikipediaって本当に便利ですね。

 ではまた!

 

 

オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線

オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線