ペンデュミオンの螺旋

廻る廻る廻る廻る廻る 僕はお寿司さ

スポンサードリンク

記憶の連鎖反応がばよえ~んした話【シモ注意】

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180109220747p:plain

 今朝のことです。

 トイレで気張っていると、腸が微かに蠕動してゴロゴロ言い出しました。そして少しだけお腹が痛いような気がします。やがて出てきた排泄物も、ややユルめの仕上がり。どうやら昨夜の酒が過ぎたようです。

 腹痛はそれ以上ひどくなることはなく、お腹のゴロゴロ感も収まりました。そこでちょっと思い出したことがあります。

 以前、職場で仕事中にお腹がかなり痛くなり、一緒に作業していた若い男性社員にその場を任せて、トイレに駆け込んだことがありました。あの時はヤバかったな。

 その若い男性社員は、去年結婚したばかりで、ついこの間も奥さんと映画を観に行ったとか、小旅行に行ったとか、新婚ホヤホヤのアツアツぶりを、ことあるごとに報告してきます。

 私などはそれなりに歳を重ねて、妥協とまでは言いませんが、それほど結婚というものに期待も憧れもない状態で結婚しましたので、若いうちに結婚するというのはさぞかし楽しいものだろうな、と思ったものです。

 若いうちに結婚すると、夜はさぞかし楽しいことでしょう。お互いに精力もあり、一晩に何度もチャレンジできる体力がある。相手の体に、また自分自身の体に潜む、未知の快楽を探求するという楽しさもある。子どもを設けるつもりなら、避妊を気にする必要もない。

 私にも、若い頃はそんな楽しい夜がありました。楽しい昼もありました。お互いの身体を探求し、快楽に脳髄を溶かされるような時間。身も心も委ね合い、優しさと微笑みを交わし合う、そんな関係がありました。

 ああ、彼女は今頃どうしているのだろう。いつの間にかすれ違い、知らない間に他の男にちょっかい出してたことが発覚して、すったもんだの挙句、結局別れることになった彼女。怒りや憎しみよりも、悲しみで壊れそうだったあの頃。

 あんなにも自分をさらけ出した相手、あんなにも体が馴染んだ相手に、この先巡り合うことはないでしょう。結婚してるからね。

 便座に腰かけて、朝っぱらからセンチメンタルな気分でお尻を拭きました。

 なんでこんな昔のことなんて思い出してるんだろう。朝のトイレで。

 そうして記憶の連鎖を辿り、ここまで書いてきたことを遡って、「ああ、さっきちょっとお腹が痛かったからだ!」とスタート地点を思い出してスッキリした、今朝のトイレタイムなのでした。

 ではまた!

 

スクラビングバブル トイレ洗浄 超強力トイレクリーナー 塩素系 400g
 

 

トイレクイックル トイレ用そうじシート つめかえ用 20枚入

トイレクイックル トイレ用そうじシート つめかえ用 20枚入