ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

年齢と縄跳びと膝の痛み ~準備運動の大切さを文字通り痛感する~

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20180102220825p:plain

 2日目は昼から嫁さんの実家に行きました。午前中はわりと暇だったので、子どもの冬休みの宿題につき合うことになりました。

 冬休みの宿題、それすなわち縄跳び。

 冬休みの日誌に縄跳びが何回できたか記入するページがあり、まえとび、うしろとび、かけあしとび、かたあしとび(みぎあし)、かたあしとび(ひだりあし)の5パターンで、連続で何回跳べたかを記録するようになっています。

 私も、運動不足解消にと、半年ほど前に買った縄跳びが、ほぼ新品のまま放置してあったので、これを機に縄跳びを継続してみようかと、息子と一緒に飛ぶことにしました。

 30代の頃、ジョギングで、ふくらはぎにそこそこ重症な肉離れを起こして以来、これまでに2度の再発を経験した私は、走ることにちょっとした恐怖心があり、走れないなら縄跳びをすればいいじゃない、ということで運動不足解消に縄跳びをするようになりました。ここ数年はサボっていましたが。数年というか10年くらい?

 走るということは、ある程度の距離を移動することになります。その途中で肉離れを起こすと、家に帰るまでの距離を、痛みをこらえながら片足をひきずって戻らねばならず、なかなかに人目が気になります。実際、家の回りを走って肉離れを起こし、近所の人に心配された経験があります。それもジョギングを避ける理由のひとつ。

 一方、縄跳びはその場でぴょんぴょん跳ねるだけの運動なので、万が一足を痛めてもすぐ家に戻って応急処置なり休憩なりすることができます。安心の縄跳び。転ばぬ先のリスクヘッジ

 ということで、すぐ近くにある公民館の広場で、息子と一緒に久しぶりの縄跳びを楽しみました。心配していた肉離れやこむら返りも起こらず、無事に縄跳びを終えることができました。ただし昨日の酒が残っていたので、かすかな頭痛と胃もたれをこらえながらの縄跳びになりました。

 公民館から家に戻る途中、ちょっとした段差があり、そこでちょっとだけ足を踏み外した瞬間、ほんの一瞬だけですが、まぁまぁの激痛が膝を襲いました。

 足を踏み外したから膝を傷めたのか、膝を傷めたから足を踏み外したのか、卵が先か鶏が先か。どっちなのかわかりませんが、とにかく右膝を傷めたのは紛れもない事実。ふくらはぎが無事だと思ったら膝にきた。なんというフェイント。歩くと違和感があり、たまに痛みを感じます。

 ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ。今日傷めたのは?右膝。

 年を重ねるごとに、肉離れだの膝痛だの、体の内側に起こる怪我が増えてきたような気がします。いやだねぇ。

 しかしこの痛みにめげることなく、今年は下半身強化に努めたいと思います。縄跳びがダメならスクワットがあるじゃない。

 ではまた!

アシックス(asics) クリアートビナワ ネイビー 91-130

アシックス(asics) クリアートビナワ ネイビー 91-130

 

 

デビカ 瞬足なわとび ブルー 100513

デビカ 瞬足なわとび ブルー 100513