読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

夏目友人帳の6期がきっかけでとんでもないことに気づいてしまった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日(昨日か?)「夏目友人帳 陸」放送記念SPという番組が放送されまして、それを録画したやつを見ていた時のこと。

www.natsume-anime.jp

 これまでの夏目友人帳のことや、監督の話、音楽担当の人、OP、EDを担当する各アーティストを紹介したりしていました。そのEDを担当する女性歌手の安田レイさんという方。「お母さんが聴いていた宇多田ヒカルに影響を受けた」というナレーションに愕然。

 お母さんが聴いていた宇多田ヒカルに影響を受けた子が歌手として活動している。彼女は93年生まれ。宇多田ヒカルのデビューが98年。ということは当時5歳か。ふーん、そうかそれは影響受けててもおかしくないな。

 ちょっと待て、宇多田ヒカルのデビューが98年。てこたぁ来年はデビュー20周年か。宇多田ヒカルがデビュー20周年。まじか。彼女もう20年もやってんの?ええ?

 宇多田ヒカルの声を初めて聴いたのは職場のラジオ。イッツオートマティックですよ。ちょっとびっくりしましたよね。はぁ~、すごい人が出てきたなと。こんなすごい歌手がどこに隠れてたんだと。声からすると20代後半くらいかな。たぶんあれだ、10代から何年もの下積み時代を経て、実力が認められてデビューしたんだな。そりゃぁこんだけ歌がうまけりゃ認められるわな。

 よくよく聞いてみたら14歳。じゅ、じゅじゅじゅうよんさい?じゅーしー!じゅじゅじゅじゅーしー!

youtu.be

 子供じゃねえか。14歳の少女にこんな声が出せるものなのか?と、当時は驚いたものです。その少女が来年でデビュー20周年。てことは34歳。宇多田ヒカル34歳。でもWikipediaで調べたら35歳だった。早生まれなんだね。

 そりゃ自分もオッサンになるわけですわ。宇多田ヒカルが35歳でっせ。窮屈な画面でソファに座るのか座らないのかっていう踊りをしてたあの子が。

 もちろん、自分も突然年を取るわけじゃないんで、毎年ひとつずつ年を取るふつうのオッサンなんで、自分の年齢はきちんと把握してたつもりではあるんですがね。こういう形で過ぎた年月をあらためて突きつけられると、ああ、年取ったんだなぁということを本当に実感しますね。急に老け込んだ気分。

 30代に入ったころ、それまでの20代と比べてあまりに時の流れが速く感じたので、このまま時間が加速していったらあと5年かそこらで寿命が尽きるなと思ってたんですが、ここまでくるともうあと1年くらいしかないんじゃないかと思えてきました。やばいね。

 

1998年の宇多田ヒカル(新潮新書)

1998年の宇多田ヒカル(新潮新書)

 

 

 

きみのうた(通常盤)ツウジョウバン

きみのうた(通常盤)ツウジョウバン