ペンデュミオンの螺旋

まわせまわせネジを プラスとマイナス合わせて

スポンサードリンク

夢の中にガッツ石松さんが登場してひと悶着あった話

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:go_kuma:20171215224547p:plain

 今朝見た夢の話を書きます。

 どういう場所にいたのかは覚えていませんが、ガッツ石松さんの奥さんから、ムフフなアプローチを受けます。もしかしたら私はボクシングジムにいたのかもしれません。ガッツ石松さんの本当の奥さんはどんな方か存じませんが、夢の中に出てきた人はとっても若くて綺麗な女性でした。

 そんな若くて綺麗な女性にムフフなアプローチを受けて鼻の下を伸ばしていたら、それに勘づいた石松さんが22歳の小柄な格闘家を刺客として差し向けてきました。なんで22歳なんだ。その設定必要か?しかし夢なので大目に見てください。

 私は無理やりリングに上げられ、試合をさせられます。途中までがんばって戦いましたが、何かが起きて試合が中止されます。何が起きたのかは覚えていません。そこ重要な気がしますが、夢なので仕方ありません。

 リングを下りた私は、石松さんに頭を下げて謝ります。奥さんが勝手に誘ってきたのに、なんで私が謝らなきゃならないのか、とは考えませんでした。毅然とした態度で断らなかった私も悪いのです。

 場面は変わって、数年前まで実際に乗っていた車で山道を走っていました。その車は15年近く乗っていたので、愛着があったんですよね。夢にまで出てくるなんて。私は何かを納品に行く途中です。何を納品するつもりだったのかはわかりません。これまた夢なので仕方ない。

 納期ギリギリだったのか、もう納期を過ぎていたのか知りませんが、とにかく急いで車を飛ばしていました。ヘアピンカーブに差し掛かると、下手なドリフトで

 ズギャギャギャギャー!

 とコーナーをクリアします。しかし2つ目のヘアピンでドリフトに失敗して、路肩の斜面にぶつかって車が大破しました。夢なので大破のしかたもおかしい。ボディーだけパコッと外れて、私はシートが載ったシャーシだけになった車でヘロヘロと坂道を下っていきます。途中のカーブで道を外れ、用水路に半分乗り出して車が止まりました。ルパンみたい。

 ギリギリのバランスで止まっているところを、地元のおじさん2人がよっこらしょと戻してくれました。この時期はこういう事故がよくあるんだよね~と言ってました。どんな時期だ。

 車を戻してもらったところで、斜面に取り残されたボディを取りに行きました。おじさん2人と私の3人でボディを持ち上げて運ぼうとしているところに対向車がやってきました。でも私たちの様子を見て、関わりたくないと思ったのか引き返していきました。

 後ろを振り返ると、私がいま下ってきた坂道を、でっかいトラックが下りてくるところでした。やばい!はよせな!というところで目が覚めました。以上。

 全然面白くねぇ!

  ではまた!

最驚!ガッツ伝説

最驚!ガッツ伝説

 

 

 

22歳

22歳