ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

【ネタバレ】西遊記~はじまりのはじまり~ 感想 【キャラ編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日の記事、検索流入が多いので、ネタバレでもいいから内容を前もって知りたい人が結構いるってことですね。あるいはすでに観てきた人が、他の人の感想も見てみたいと思って検索してくるんでしょうか。

 映画の性質からして好き嫌いは分かれると思うんですが、僕は好きです。ちょっと、というかかなり脂っこい感じはするけど、それもまたひとつの味ということで。

 今日は、その脂っこさの元であるキャラクターについて書いてみます。

 まず三蔵法師。最初はペーペーの妖怪ハンター玄奘として登場します。ものすごく弱っちい。なんかちょっと胡散臭い師匠の下で修業してるっぽいけど、それ修業っていうよりぶっつけ本番だよね、という仕事内容。何度も死にそうになります。最後は何か悟りを開いてスーパー玄奘もとい三蔵法師になるんですが、ほとんどの「西遊記もの」でおなじみのように、他の濃いいキャラに埋もれて印象が薄くなりがちです。この映画でも、主人公としていい仕事してるんですが、やはりキャラとしては薄い。周りがバタバタ動き回ることで浮き上がってくるタイプのキャラですね。

 三蔵に惚れた女妖怪ハンターの段。綺麗なヒラメ顔の女優さんが演じています。男勝りだけど、惚れた男には弱いみたいな、ちょっと可愛いキャラ。でもとにかくしつこい。このしつこさが後でいい感じに効いてくるんですが、それを考えてもしつこくてお腹にもたれそうです。しつこすぎて最後死んじゃう。

 沙悟浄。最初に登場する妖怪で、でっかい怪魚の姿で村人を襲いまくります。でも段に退治されて人間の姿になってからは、あっという間にモンスターボール(?)に閉じ込められてしまうので、印象は薄いです。日本の俳優さんで似た人がいるなぁと思いましたが、名前が出てきません。眉毛の濃い人です。ただ、僕の「似てる」は同意されないことが多いので似てないかも。

(追記:思い出しました、小澤征悦さんです。小沢征爾さんのご子息ね。似てませんか。)

 猪八戒。歯並び悪すぎ。肌つやつやすぎ。イケメンなんだけど、合成したものすごい歯並びのせいで怖く見えます。肌がやたらとオイリーで、つやつやしながら微笑を浮かべているところが笑えます。

 沙悟浄猪八戒ハリセンボンの2人が声をあてたらしいですが、この2人が喋ったシーンを全く覚えていません。と思って調べたら、やっぱり喋ってなかった。ハリセンボンはイメージキャストという位置づけだそうです。なんだそりゃ。

 虎筋蟷螂アニキ。妖怪ハンターのひとり。ものすごい虎オーラをまとって登場するんだけど、この虎がまたチープで。しかも強そうなわりにあまり活躍しないまま悟空に瞬殺されます。

 足じい。ベテラン妖怪ハンター。ふだんは片足が小さくて、気合を入れると体の何倍も大きくなる足の持ち主。妖怪ハンターっていうより、むしろ妖怪なんじゃ?というキャラ。

 空虚王子。野沢雅子さんもとい花びらを撒くためだけのおばあさん(姥桜)を引き連れて歩く変な人。その姥桜との掛け合いがまあまあ面白かった。妖怪ハンターの中でいちばんセリフが多かったんじゃないかな。中の人は神谷浩史

 そして孫悟空。最初は禿げた老人の姿で登場するんですが、この時点でもう怖そうなオーラがハンパなく出てる。カンフーハッスルでもラスボスは禿げたおじさんだったから、監督が禿げキャラ好きなのかも。それとも「禿は強くなければいけない」ってポリシーがあるのかな。

 孫悟空役の俳優さんも、なんか日本の芸能界で見たような顔なんだけど、誰に似てるのか思い出せない。梅沢富雄と上田晋也くりぃむしちゅー)を足して2で割ったようなイメージ?でも僕の「〇〇に似てる」はあてになりませんので、あまり信用しないように。

 この悟空がとにかく怖い。不気味。狂気を感じる。老人から猿、大猿へ変化していくんですけど、CGの大猿は別として、老人の時と猿の時の悟空はすごく怖くて強いです。その狡猾で残忍なキャラを見事に演じているのが山寺宏一さん。老人の時は、お釈迦様に閉じ込められて自由がきかないので、本性を現してはいないのだけど、むしろそれが怖さを倍増してる。隠された狂気、みたいなね。外国の映画でマフィアのボスとか出てくると、表向きすごく紳士だけど、キレると怖いみたいな感じあるじゃないですか。ああいう、静かなんだけど、静かだからこそ裏に隠された怖さが増幅されるってこと、ありますよね。さらに、演じてる俳優さんの顔が地味なのね。これといって特徴がなくて、メリハリのない顔立ち。そこがまた不気味なんですわ。

 西遊記といえば孫悟空なので、孫悟空のキャラについて長く書きましたけど、この映画の孫悟空はちょっと今までのそれとは違いますね。日本で作られた孫悟空のイメージ、堺正章ドラゴンボール最遊記西遊妖猿伝…あと志村けん?そのどれにも当てはまらない孫悟空がこの映画で創り出されましたね。僕はこの孫悟空が活躍するところを見てみたいので、できたら同じキャストで続編作って欲しいです。