読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごくまトリックス

いらっしゃいませ。アニメ・子育て・雑文と、責任持てない与太話。あくまで個人のたわごとです。

スポンサードリンク

【短編】 浦島兄弟、竜宮城へ行くの巻

このエントリーをはてなブックマークに追加

 むかしむかし、あるところに浦島タロとジロという兄弟が生きていました。

 タロは山へ柴刈りに、ジロは海へ洗濯に行きました。

 ジロが海で洗濯をするので、二人の服はいつもしっとりしていました。

 あるとき、ジロがいつものように海で洗濯をしていると、大きな亀が砂浜に這い上がってきました。

 「うまそう」

 ジロは素直にそう思いました。洗濯の手を止め、家から一振りの斧を持ってきました。今日は亀鍋だ。兄者と二人でたらふく食うぞ。斧を振り上げたとき、後ろから大きな声がしました。

 「まて!亀を殺してはならん」

 振り返ると、柴を背負ったタロが息を切らしながら立っています。

 「亀は竜王様の使いじゃ。殺せばバチが当たるぞ。わたしたちが魚を食べられるのは、竜王様の恵みがあってのこと。その遣いを殺してしまえば、魚は獲れなくなる」

 そうなんだ。ジロは斧を下ろすと、亀に謝りました。亀は頭を下げてゆっくりと海へ戻っていきました。

 それから何日かたって、タロが釣りに出かけました。釣り糸を垂れていると、魚は釣れるのですが、釣れる魚がみなおかしな形をしています。目玉がおおきく飛び出していたり、しっぽが曲がっていたり、頭がふたつ生えていたり。それでも食べられればいいと、家に持ち帰って食べようとしましたが、いやな臭いがしてとても食べられません。

 タロは、数日前にジロがお腹の具合が悪いと言って、晩飯を食べなかったことを思い出しました。そこで裏の畑の隅を掘り返してみると、亀の甲羅が埋めてありました。ジロを問い詰めると、亀を海に逃がした次の日、また同じ場所に亀がいたので、どうしても食べたくなって、殺して食べてしまったというのです。

 タロはジロをきつく叱りつけました。幼い頃から物覚えの悪いジロは、その時だけしおらしい顔になりますが、すぐに忘れて平気な顔をしています。タロはそんなジロを見ながら、とても不安な気持ちになりました。魚がおかしくなるだけでなく、何かもっと悪いことが起こるような気がしたのです。

 そんなある晩、タロが夜中に物音で目を覚ますと、ジロが布団からむくりと起き上がって、外へ出て行こうとしているところでした。タロは声をかけようとしましたが、ふと思いとどまり、ジロがどこへ行こうとしているのか、後をつけていくことにしました。 

 ジロは暗い海辺の道を歩いて、砂浜へ下りていきます。砂浜には、ぼんやりと光るような、白い着物を来た女の人が立っていました。タロはこっそりつけてきたことも忘れて、ジロの後を追いかけました。

 ジロの隣まで追いついて、その顔を見てみると、なにやらぼーっとしているようです。ほんの数歩前に、あの白い着物の女の人が、冷たい目でこちらを見ています。

 「あの……あなたは」

 「タロ。あなたの弟は亀を殺しましたね。竜王様の使いの亀を」

 「あ……はい、しかし」

 「しかしもヘチマもありません。ジロは竜宮城に連れていき、裁判にかけます」

 「さ、裁判?待ってください、ジロはそんな難しいことはわかりません」

 「たとえわからなくても、裁きは受けなければなりません」

 「それならば、わたしもついていきます。竜宮城へ連れて行ってください」

 「しかたありませんね。あなたは一度亀を逃がしてくれたので、裁かれることはないでしょうが……」

 そう言うと、女の人は足元の海水を手ですくい、タロとジロの顔にかけました。

 「あっ、なにを……」

 タロが顔を拭って目を開けると、そこは大きな門の前でした。

 「なんと、こ、これは……」

 「竜王様が住む竜宮城です。ついてきなさい」

 門には赤い大きな扉がついており、女の人が手を揚げると、その大きな扉がゆっくりと開きます。タロとジロは、女の人の後について、竜宮城に入っていきました。

 広い屋敷の中、長い廊下を歩き、いくつもの扉を抜けていくと、やがて大きな広間に出ました。そこには大勢の人が椅子に座り、広間の両側にずらりと並んでいます。広間の入り口の正面、一番奥の壇上には、大きな体をした、ひげの男が座っていました。きらきら光る眼をこちらに向けて、ジロの顔を睨みつけているようでした。その頃にはジロも正気を取り戻したのか、周りを見回しながら震えています。

 「あ、兄者……ここはどこだ?」

 「竜宮城らしい。お前が亀を殺したので、裁きを受けに来たのだ」

 「さばき?叩かれるのか?ごめん、兄者、ごめんよぉ」

 うろたえて泣き出すジロをなだめながら、タロは女の人について広間の奥へ進みました。

 「おまえがジロか」

 正面に座った大きなひげの男が、体と同じように大きな声で聞きました。

 「は……はい」

 ジロは消え入りそうな声で答えます。

 「おまえは兄のタロだな」

 「はい。この度は弟が竜王様の使いの亀を殺してしまって、ほんとうにすみませんでした」

 「おまえが謝っても仕方がないのだ。わしの使いの亀を殺して食うなど、言語道断。死んで償ってもらう」

 どうやらこのひげの男の人が竜王様のようです。

 「死……待ってください、弟は生まれつき頭が弱く、ものごとの道理がよくわかっていないのです。私がきつく言ってきかせますので、どうか死刑だけはご勘弁ください」

 「それだけで済む話ではない。亀は死んでしまった。戻っては来ないのだ。わしが幼い頃から世話を焼いてくれた、大切な亀をな。お前は家族を殺されて簡単に許せると思うのか」

 「いえ、それは……竜王様のお怒りは無理もございません。しかし弟は私のたった一人の家族です。弟の罪は兄として私が償います」

 「ではおまえが弟の代わりに死ぬというのか」

 「父上様」

 それまで黙っていた白い着物の女の人が、竜王に声をかけました。彼女は竜王の娘、つまり乙姫様のようです。

 「もとはと言えば、わたくしが陸にかんざしを落としてしまったのがいけないのです。亀はそれを探しに陸に上がって……」

 「いくらお前が惚れた男の弟だとて、罪を免れることはできぬ」

 「ち、父上様それは……」

 乙姫様の白い顔がみるみる紅く染まっていきます。

 「ではこうしよう。ジロにはここで亀になって暮らしてもらう。お前は陸に帰るがよい」

 「ここで……亀に?」

 「そうだ。亀がいなくなったのだから、その代わりに亀になってもらう」

 「そ、そんな……」

 「では命をもらうか」

 「……いえ、わかりました。しかし、私は帰りません。ジロと一緒にここで暮らします」

 「なんだと?ここは陸とは時の流れが違うのだぞ。早く帰らねばお前は……」

 「構いません。どうせ陸に戻ってもひとりきり。ここで弟の世話をします」

 「そうか。ならば好きにするがよい。乙姫よ、それでよいな」

 「え……はい」

 こうして、タロは亀になったジロと一緒に竜宮城で暮らすことになりました。

 じつは、乙姫様は以前お忍びで陸に遊びに行ったとき、たまたま見かけたタロに一目ぼれしていたのです。そこで何度か亀をお供にタロの姿を見に行き、そこでかんざしを落としてしまいました。亀は、そのかんざしを探しに陸に上がったところを、ジロに見つかって食べられてしまったというわけなのです。

 竜宮城で何年も暮らすうち、タロと乙姫様は夫婦になりました。亀になったジロは、他の家臣たちと共に、竜王様の身の回りの世話をしました。そしてさらに何年かが過ぎ、タロと乙姫様の間に元気な男の子が生れました。竜王様は初めての孫にデレデレになり、ジロに接する態度もだんだん柔らかくなっていきました。

 そうして、竜宮城の竜王一族は幸せな日々を過ごし、やがてタロと乙姫様の息子は立派な青年に成長しました。乙姫様は変わらず美しく若い女性でしたが、タロはすっかり年を取りました。竜王族と人間では寿命にかなり差があるのです。タロは、いつまでも若い乙姫様や、出会ったころと変わらない竜王様を見るにつけ、自分の老いというものを意識せずにはいられませんでした。

 そんな折、竜王様がふとこんなことを言い出しました。

 「タロよ、孫もすっかり大きくなった。きっかけは不幸だったが、おまえのおかげで幸せな暮らしができたと思う。そこで、そろそろジロの罪を許し、人間に戻そうと思うのだ」

 「本当ですか!竜王様、ありがとうございます」

 「だが、ひとつ問題がある。ジロが人間に戻ると、亀だった時の記憶は全て失われる。わしたちと暮らした思い出も全部だ」

 「そ……そんな……では、人間に戻ったジロは年老いた私を見てどう思うでしょうか。シワだらけで、髪もすっかり白くなった私が、兄だとわかるでしょうか」

 「それは何とも言えぬ。どうする、亀のままここで一生を終わらせるか、人間に戻すか、お前が決めよ」

 「それはもちろん、人間に戻してやりたい……しかし……」

 「うむ、その悩み、わからぬでもない。しばらく考えてみるがよい」

 それから数日、タロは悩みました。そんなタロの姿を見る乙姫様も、心を痛めていました。

 「竜王様、決心がつきました。やはりジロは人間に戻してやってください」

 「そうか、うむ、わかった」

 そして、竜王様はジロを人間に戻しました。

 「兄者……おれ今まで何してたんだ?」

 「ジロ、わたしが……わかるのか?」

 「もちろんだ。なんか爺さんになってるけど、兄者だろ」

 「はは……確かに爺さんだ。お前もな」

 「そうなのか?」

 「お前とわたしは、ここ竜宮で長く暮らしていたのだ」

 「そうか……兄者、おれ家に帰りたいよ。亀を食っちまったのは謝るから、家に帰らせてもらおうよ」

 「そうか……そうだな」

 二人は竜王に頼んで陸に帰ることにしました。乙姫様と息子は悲しみましたが、最後には二人を気持ちよく送り出してくれました。竜宮城に訪れた時と同じように、突然二人は陸に戻りました。あの時と同じ砂浜です。海から日が昇り始めていました。見回すと、辺りの景色も変わっていませんでした。

 二人は海辺の道を歩いて、家を探しました。すると、同じ場所に同じように二人の家が残っていました。誰も住んでいる気配はありません。家の中に入ると、布団が敷いてありました。ジロが抜け出したままの布団と、あの晩に食べたきのこ汁も、そのまま鍋に残っていました。

 二人はそのきのこ汁を温めなおし、一緒にすすりました。

 

 おわり

 

―――――――――――――――――――――

 書き出したら止まらなくなったので、つるっと最後まで書いてみました。